タイ国家人権委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイ国家人権委員会タイ語คณะกรรมการสิทธิมนุษยชนแห่งชาติ英語:National Human Rights Commission:NHRC)は、タイ王国の人権問題の監視を行う独立監視機関の一つ。2001年7月13日に設置。

概要[編集]

タイ国家人権委員会は、政治、経済、社会、文化にかかわる広範な人権問題を調査報告し、人権尊重の普及、推進することを目的とした独立監視機関である。仏歴2540年(1997年)タイ王国憲法第199条および200条に基づき、1998年国家人権委員会法が制定され、設置された。憲法に基づいて、委員会は政府からいかなる管理も受けない独立した機関と規定されている。委員長1名と委員10名で構成され、委員は有識者の中から上院の指名に基づいて国王が任命する。任期は6年、一期のみである。2001年7月13日に設置。2006年にクーデターによって一時活動が中断された後、再開された。

所在地[編集]

バンコク ラックシー区 トゥンソーンホーン地区ヂェーンワッタナ通り ムー3 120 政府総合庁舎 B棟 6-7 階(ศูนย์ราชการเฉลิมพระเกียรติ ๘๐ พรรษา ๕ ธันวาคม ๒๕๕๐ อาคารบี ชั้น 6-7 120 หมู่ที่ 3 ถนน แจ้งวัฒนะ แขวงทุ่งสองห้อง เขต หลักสี่ กรุงเทพฯ 10210

委員構成[編集]

1期 (2001年-2009年) 2期 (2009年-2015年)
  1. サネー・ヂャーマリック - 委員長
  2. ヂャラン・ディターアピチャイ (จรัล ดิษฐาอภิชัย
  3. ヂャンタニー・サンタブット (จันทนี สันตะบุตร
  4. ナヤナー・スパープン (นัยนา สุภาพึ่ง
  5. プラディット・ヂャルーンタイタウィー (ประดิษฐ์ เจริญไทยทวี
  6. ワサン・パーニット (วสันต์ พานิช
  7. スティン・ノッパゲート (สุทิน นพเกตุ
  8. スニー・チャイロット (สุนี ไชยรส
  9. スラシー・ゴーソンナーウィン (สุรสีห์ โกศลนาวิน
  10. アムポン・ミースック (อัมพร มีศุข
  11. アーポン・ウォンサン (อาภร วงษ์สังข์
  1. アマラー・ポンサーピット (อมรา พงศาพิชญ์)- 委員長
  2. テーヂン・シリパーニット (แท้จริง ศิริพานิช
  3. ニラン・ピタックワッチャラ (นิรันดร์ พิทักษ์วัชระ
  4. プリンヤー・シリサーンガーン (ปริญญา ศิริสารการ
  5. パイブーン・ワラーハパイトゥーン (ไพบูลย์ วราหะไพฑูรย์
  6. ワンチャイ・シーヌワンナット(วันชัย ศรีนวลนัด
  7. ウィサー・ベンヂャマノー(วิสา เบ็ญจะมโน

関連事項[編集]

外部リンク[編集]