タイ・ビバレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Thai Beverage
企業形態 公開
取引所 SGX: Y92
創業者 チャルーン・シリワタナパクディ
本拠所在地 タイ王国
事業地域 世界中
代表者等 チャルーン・シリワタナパクディ(社長)
製品 アルコール飲料
ウェブサイト www.thaibev.com

タイ・ビバレッジSGX: Y92 Thai Beverage)はタイ王国最大のアルコール飲料メーカー。タイ王国を始めとし、スコットランドポーランドアイルランド中華人民共和国フランスなどで販売している。タイ証券取引所(SET)に上場を計画していたが、全国の僧侶などから反対され、最終的にシンガポール証券取引所(SGX)に上場した。

概要[編集]

社長のチャルーン・シリワタナパクディ

ビア・チャーン、メコン、サン・ソム・ラムなどのブランドを有し、ヨーロッパではスコッチウイスキー、ウォッカ、ジンなども製造している。また、2013年シンガポール最大の飲料メーカー、フレイザー・アンド・ニーヴ英語版の経営権を取得した。[1]

ビール[編集]

ビア・チャーン

ビア・チャーン(เบียร์ช้าง)は、タイ・ビバレッジが製造しているビールの銘柄。チャーンとはタイ語で「」を意味しており、ロゴマークは象である。液色はゴールドでピルスナータイプのビール。アルコール度は6.4%とラガービールとしては度数がやや高い。ただし輸出用にアルコール度を5%としたタイプがあり、日本で輸入しているのもこちらである。

タイでは90年代半ばまで、ビア・シンが代表的なビールであった。

1991年にビアタイ社(後のタイ・ビバレッジ社)が設立されカールスバーグと提携し、1995年にビア・チャーンを発売した。ビア・シンに比べ低価格かつ高アルコールで、国民的ロックバンド、カラバオのリーダー、エート・カラバオがコマーシャルに出演したため人気が出て、ビア・シンのシェアを抜き市場の60%を占めるにいたっている。2006年のビール市場でのシェアは49%と約半数を占めている。

2005年9月7日よりタイ政府は、国民の健康増進を目的に、酒税の賦課基準をアルコール度別に改正し施行した。ビア・チャーンはビア・シンに比べてアルコール度が高いため、税負担が増加している。タイ・ビバレッジ社は2006年に低価格の銘柄「アーチャー(の意味)」を市場に投入。5%程度の低めのアルコールかつ高価なビール銘柄の発売も予定している。

脚注[編集]

  1. ^ Head (2013年2月3日). “Thai whiskey tycoon Charoen takes over Fraser and Neave”. Asia business. BBC News. 2013年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月3日閲覧。 “BBC News, Bangkok. What are the secrets of business success in Thailand?”