タイワンモンシロチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイワンモンシロチョウ
Indian Cabbage White (Pieris canidia)- Female on a Synedrella nodiflora (Cinderella weed) W IMG 3709.jpg
インドコルカタフシザキソウにとまる本種。
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 鱗翅目 Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: シロチョウ科 Pieridae
亜科 : シロチョウ亜科 Pierinae
: シロチョウ族 Pierini
: モンシロチョウ属 Pieris
: タイワンモンシロチョウ P. canidia
学名
Pieris canidia
(Sparrman)
和名
タイワンモンシロチョウ
(台湾紋白蝶)
英名
The Indian Cabbage White
亜種
  • P. c. juba(Fruhstorfer)
    対馬亜種
  • P. c. canidia(Sparrman)
    八重山諸島亜種
上が雄、下が雌。

タイワンモンシロチョウ(台湾紋白蝶、 Pieris canidia)は、チョウ目(鱗翅目)シロチョウ科に属するチョウの一種。

概要[編集]

モンシロチョウとよく似た小~中型の白い蝶。モンシロチョウよりやや小さく、前翅の黒斑は大きく、後翅前縁にも黒斑を持つ。キャベツを主に食べるモンシロと違い、食草の制約から林縁や渓流沿いに多産する。訪花性は強い。

ホソオチョウは朝鮮海峡成立後に半島南端まで勢力を伸ばしたため、趣味者によるゲリラ放蝶が行われるまで日本には分布していなかったが、本種はそれと同様に対馬までは到達したものの本土に来ることができず対馬でとどまった。日本ではほとんど生育しないハナナズナのほかタネツケバナオオタネツケバナイヌガラシミチバタガラシなど作物種以外を食草としているため、流通作物に付随した人為的な本土侵入もなかったものと考えられている。

1990年ごろ、南方から与那国島にも侵入した。両者で形態差があり、それぞれ亜種として分けられている。

3月~10月にかけて年5、6回発生。越冬態は蛹。

分布[編集]

対馬および与那国島

国外では台湾のほか中国大陸朝鮮半島シンガポールにも移入した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]