タイワンガザミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイワンガザミ
Portunus pelagicus male.jpg
タイワンガザミ(雄個体)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 甲殻綱 Crustacea
: エビ目 Decapoda
亜目 : エビ亜目 Pleocyemata
下目 : カニ下目 Brachyura
: ワタリガニ科 Portunidae
: ガザミ属 Portunus
: タイワンガザミ P. pelagicus
学名
Portunus pelagicus (Linnaeus1758)
和名
タイワンガザミ
英名
Swimming blue crab
flower crab, blue crab
blue swimmer crab
blue manna crab

タイワンガザミ(台湾蝤蛑、学名Portunus pelagicus)は、エビ目カニ下目ワタリガニ科に分類されるカニの一種。ガザミ同様、「ワタリガニ」という別名でもよく知られている。

特徴[編集]

甲幅は最大で15cm程度となる大型のカニ。甲羅の形状は横長の六角形に近い形状、前縁には歯状の突起が並び、横縁は大きく尖っている。 甲縁の突起(歯)はそれぞれ鋸歯状で、甲前縁は4本、側縁は左右9本。 雄は暗緑色の甲に鮮やかな白い不規則な模様が目立つ。雌は近縁のガザミとよく似ており、甲羅の背面は暗緑色であるが顆粒状の模様がより細かく、甲全体に広がる傾向がある。 鉗脚(かんきゃく/はさみあし)は強く、アサリ等の殻を割って餌とすることができる。第2から第4脚は歩脚、第5脚はひれ状の遊泳脚となっており、これをオールのように動かし水中を自由に移動することができる。 朝鮮半島以南の西太平洋インド洋に多く、各地の内湾の水深15m-50mの砂泥底を好んで広く分布する。近年はインド洋西部からスエズ運河を越えて地中海に侵入し、繁殖している。 日本では房総半島以南で普通に見られ、各地で食用とされる。

生態[編集]

食性は肉食の傾向が強く甲殻類貝類を、その強い鉗脚で捕食する。幼生から共食いの傾向があるため、種苗養殖における課題点の一つである。 天敵はタコや魚類。


近縁種(ガザミ)との見分け方[編集]

本種雄個体は甲・脚に青い模様があり特徴的で判別はたやすい。しかし雌個体はガザミと良く似ているため、以下のような点で判別を行う。

- 甲前縁に、外側の2本と比較して内側の2本が小さい4本の歯がある。(ガザミは3本で中央が大きい)
- 鉗脚の長節(人間で言うところの上腕、胴体についている側)前縁の突起は3本。(ガザミは4本)
Portunus trituberculatus merus of cheliped.JPG


生活環[編集]

生息地により多少の長短はあるが、春から秋にかけて産卵が行われ、孵化したゾエア幼生は浮遊生活を送る。幼生は10日程度でメガロパ幼生、15日程度で稚ガニに変態し、晩秋に性成熟する。交尾を行った個体は冬季には深場に移動して越冬する。雌個体は精子を体内に蓄えたまま越冬し、翌年に産卵を行う。寿命は2年程度。[要出典]

食材[編集]

ガザミ属の多種と同様、年間を通して食用とされる。夏季は身が多い雄個体、冬季は内子(卵巣)が詰まる雌個体が特に良いが、夏から秋の脱皮直後の個体は身が少なく、「月夜の蟹」(は身入りが悪い)という慣用表現は、夏~秋季の、名月の頃の脱皮個体を指したものであろう。 茹で蟹、炒め物等で良い。

別名[編集]

アオデ(青手)、オイラン(花魁)、踊り蟹(オドリガニ)、菱蟹等。

参考文献[編集]

  • 西村三郎, 鈴木克美 『海岸動物』16、保育社〈標準原色図鑑全集〉、1971年5月、113頁。
  • 『原色日本大型甲殻類図鑑(II)』 保育社〈保育社の原色図鑑〉、1983年1月、83頁。
  • 『日本漁具・漁法図説』 成山堂、2005年6月

関連項目[編集]