タイムトラベラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイムトラベラーズ
ジャンル タイムトラベルアドベンチャー
対応機種 ニンテンドー3DS
PlayStation Vita
PlayStation Portable
開発元 レベルファイブ
発売元 レベルファイブ
人数 1人
発売日 [3DS][PS Vita]:2012年7月12日
[PSP]:2012年7月19日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
コンテンツ
アイコン
犯罪
テンプレートを表示

タイムトラベラーズ』 (TIME TRAVELERS) は、レベルファイブから2012年7月12日発売されたゲームソフトである。

概要[編集]

2010年秋の「LEVEL5 VISION 2010」でタイトルと、プラットフォームがニンテンドー3DSと発表された[1]。後に2011年秋の「LEVEL5 VISION 2011」で、ニンテンドー3DS、PlayStation VitaPlayStation Portableの3機種で発売されることが明かされる[2]

ディレクター、シナリオ、音楽が『428 〜封鎖された渋谷で〜』と同一であることからファンサービスとして、同じ時間軸(同作の約20年後)となっている[3]

複数の主人公の視点から物語を読み込んでいくスタイルや、舞台が渋谷に統一されている点は『428 〜封鎖された渋谷で〜』と同様。大きく違う点は、実写ではなくフルモーションの3Dアニメーションを用いている点である。また、コラボレーションの一環として、『428 〜封鎖された渋谷で〜』のタマの着ぐるみが作品内に登場。さらに、『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』に登場するワンダバがバスジャックのシーンで登場するバスの前面行先表示機左側にデザインされていたり、『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』に登場するモノクマが、随所にぬいぐるみとして登場している。 また、神谷壮馬への誘拐の電話に初音ミクが使われていたり、全日本電力のラジオCMがACジャパンあいさつの魔法。を想像させるものだったりと小ネタも存在する。

あらすじ[編集]

2013年4月。東京の上空に突如現れた大穴。後に「ロストホール」と呼ばれるその穴は発生直後に東京に甚大な被害を与えた。 それから18年後の2031年4月某日、驚異的なすスピードで復興を遂げた東京。 14時、刑事の神谷壮馬は妻と子を誘拐した犯人の指示に従い渋谷の街を走り回っていた。 同刻、テレビ局「テレビファイブ」ではアナウンサー伏見雛は自分の仕事の行く末で悩んでいた。 物語はここからはじまる…

登場人物[編集]

新道みこと(しんどう みこと)(沢城みゆき
緑ヶ丘高校3年生。科学部の部長を務めている。同じ時間に複数の主人公の前に現れる。
漢字の書き方は「美命」。
神谷壮馬(かみや そうま)(声:宮内敦士
刑事編の主人公。警視庁捜査一課緊急出動班(通称ESS)巡査長。どのような状況でも生還してくることから、「不死身の男」と呼ばれている。
誘拐された妻子を救うべく、犯人の指示に従うため、渋谷の街を疾走する。
伏見雛(ふしみ ひな)(声:新谷良子
キャスター編の主人公。大手テレビ局「テレビファイブ」に勤務する女性アナウンサー。バラエティで人気を集めているが、本人はニュースキャスターを目指しており、今の仕事に少なからず不満を持っている。
プロデューサーから、スクープを取ってくればニュース番組に抜擢するという約束を持ちかけられ、スクープのために奔走する。
深瀬有理(ふかせ ゆうり)(声:細谷佳正
高校生編の主人公。緑ヶ丘高校3年生。科学部部員。みこととは幼馴染で、破天荒な彼女の行動に振り回されることがしばしば。クールな性格で笑顔を見せることは少ないが、アメリカンジョークを使ったコミュニケーションに自信を持っている。
新道究悟(しんどう きゅうご)(声:平田広明
詐欺師編の主人公。自称天才物理学者で、みことの父親。タイムマシン研究のための資金と称し、多額の金を自分に投資させている。その言動は飄々としており、「俺は未来の出来事を知っている」と嘯く場面も。
ルサンチ☆マン(声:丸山壮史
ルサンチ編の主人公。リアルライフヒーロー。ヒーロースーツを身に纏い、精力的に渋谷の街のパトロールを行っている。しかし、力は強くないため返り討ちにあってしまうことがほとんど。
本名は犬山かける。30歳で無職のため、親の仕送りで生活している。
甲斐駿介(かい しゅんすけ)(声:東地宏樹
オープニングで発生する事故が発生した研究所で行われていた実験の責任者。雛の恋人。事故以降の消息は不明。

刑事編[編集]

野中譲二(のなか じょうじ)(声:谷昌樹
ESS警部補。神谷の先輩としてどっしりと構えている。神谷がテロ組織に内通しているという情報を聞き、冷静に神谷から話を聞こうとする。
沢木深(さわき しん)(声:成田剣
特殊班操作係専任管理官。神谷とは行動方針の違いで対立することが多いが、その実お互いを信頼し合っている。
神谷晴美(かみや はるみ)(声:まつだ志緒理
神谷の妻。何者かによって誘拐された。現在お腹の中に第二子を妊娠している。
神谷陽太(かみや ようた)(声:石田嘉代
神谷の息子。何者かによって誘拐された。
アービター=ペトロニウス(声:東條加那子
謎の美女。拳銃の扱いと格闘の腕は超一流。みことの味方を自称している。

キャスター編[編集]

蔵元源(くらもと げん)(声:咲野俊介
「テレビファイブ」報道部に所属するカメラマン。雛の取材に撮影として同行する。信頼できるパートナーは名前で呼ぶという信条があり、ゲームの初めは、雛のことを「伏見」と呼ぶ。
北条百合華(ほうじょう ゆりか)(声:新井里美
雛の先輩である女性アナウンサー。性格は高飛車。他の女子アナのスキャンダルを探し、次々と追い落としている。
高井戸盛人(たかいど もりと)(声:落合弘治
「テレビファイブ」報道部プロデューサー。最近バラエティから異動。雛にとってはバラエティ時代の上司にあたる。
只野英雄(ただの ひでお)(声:佐藤せつじ
アングラ動画サイト「ネットリークス」運営者。既存のマスコミに対して不信感を持っており、「真実はネットにしかない」と主張する。

高校生編[編集]

小暮修一郎(こぐれ しゅういちろう)(声:中川慶一
緑ヶ丘高校生徒会長。科学部部員。性格は真面目。みことに対して恋愛感情を抱いている。
中山雅人(なかやま まさと)(声:興津和幸
緑ヶ丘高校生。科学部部員。髪を金髪に染めている。性格はお調子者。ハッキングが得意。
糸山純子(いとやま じゅんこ)(声:田中理恵
緑ヶ丘高校教師。科学部の顧問を務めている。生徒たちからは「糸ちゃん」と呼ばれ親しまれている。大事なことを言うときは一文字ずつ切る癖がある。

詐欺師編[編集]

篠原桃香(しのはら ももか)(声:山田みほ
究悟の研究助手。国立大学院を卒業している才女。究悟を慕っており、密かに結婚資金を貯金している。
円城義樹(えんじょう よしき)(声:浦山迅
格闘技の興行会社「トリプルE」代表者。究悟の研究に対して3000万円を投資したが、すぐ返還することを求めている。無類のギャンブル好きで、自らカードゲームなどを考案することも。
目崎要(めざき かなめ)(声:水内清光
「トリプルE」専務。円城の右腕として働いている。怒ると異常に早口になる。

ルサンチ編[編集]

山吹千里子(やまぶき ちりこ)(声:宍戸留美
ルサンチ☆マンの恋人で、派遣社員のOL。ルサンチ☆マンからは「ちーちゃん」と呼ばれている。甲斐甲斐しくヒーロー活動をサポートしていたが、30歳で定職に就かない彼に不安を感じ、別れを切り出す。
速水護(はやみ まもる)(声:木内秀信
「青年マッハ」として活動しているリアルライフヒーロー。アイドルオタクで、デジタル素材が普及した2031年においていまだ紙媒体にこだわっている。ルサンチ☆マンを「師匠」と呼んでいる。
鯉村卓(こいむら すぐる)(声:下和田ヒロキ
「マジコンプレックス」として活動しているリアルライフヒーロー。ネットカフェで生活している。体感型恋愛ゲームに没頭しており、しばしば現実世界をおろそかにする面がある。
ナパ(声:川原慶久
ルサンチ☆マン行きつけのコンビニ店員。タイ人でムエタイの大会における実力者。時折ルサンチ☆マンに格闘技を教えている。

タイムトラベラーズフォン[編集]

主人公(プレイヤー)
小型ロケットの残骸から偶然にもメモリーカードを拾い、そこから時空間通信を行った結果2049年の新道みことが2012年の深瀬有理に送るはずだったメールの送信を妨害してしまうことになる。
新道みこと(しんどう みこと)(沢城みゆき
姿かたちは虚像であり真実は異なる。
里美まこと(さとみ まこと)
みことの姿を借りた別人。開始時より故人である。

スタッフ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新作「タイムトラベラーズ」の画像が公開に。少女が見下ろす荒廃した景色が印象的な本作。果たしてどのような群像劇が繰り広げられるのだろうか?”. 4Gamer.net (2010年10月19日). 2011年10月28日閲覧。
  2. ^ レベルファイブ初のSFサスペンスアドベンチャー『タイムトラベラーズ』プレイリポート!【LEVEL5 WORLD 2011】”. ファミ通.com (2011年10月15日). 2011年10月28日閲覧。
  3. ^ 「『タイムトラベラーズ』ディレクター イシイジロウ・インタビュー」、『Nintendo DREAM』第17巻第7号、徳間書店、2012年、 p.119。

外部リンク[編集]