タイパ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯22度9分26.33秒 東経113度33分11.14秒 / 北緯22.1573139度 東経113.5530944度 / 22.1573139; 113.5530944

タイパ島
中国語
中国語 氹仔島
ポルトガル語
ポルトガル語 Taipa
Freguesia da Nossa Senhora do Carmo.PNG

氹仔島(タイパとう/たんしとう)はマカオを構成する中で最も小さな島である。それはマカオ半島から2.5キロメートルあり、広東省珠海市横琴島の東に位置する。マカオ国際空港澳門大学マカオジョッキークラブ、および澳門運動場はタイパ島に位置している、そして3つの橋がマカオ半島と島を繋いでいる。

中国からの移住者は南宋時代に最も多かったが、ポルトガル人は1851年に島を占領した。干拓の前は、タイパ島は大仔と小仔の2つの島から成っていた。

東には159.1メートルの大山があり、西には小山がある。タイパ島の中央はシルト化と干拓の結果、平坦にされた。初めこそタイパ島は路連貫公路 (Estrada do Istmo) によりコロアネ島に接続されたが、埋め立て地に造られたコタイの町は2つの島をつなげて、実質1片の陸地とした。タイパ島は嘉楽庇総督大橋 (Ponte Governador Nobre de Carvalho)、澳門友誼大橋 (Ponte de Amizade)、および西湾大橋 (Ponte de Sai Van) によってマカオ半島と接続されている。

名称[編集]

タイパ島は歴史上、中国語で龍環、雞頸、潭仔、龍頭環などいくつかの名前で知られている。

伝承によると、ポルトガル語と英語の名前 "Taipa" は、タイパ島への初期のポルトガル人移住者と中国人移住者との間の交流から来ている。ポルトガル人は地名を中国人に尋ねた。中国人の移住者は、ポルトガル語が全く話せなかったが、地元の食料品店店主であった。しかしポルトガル語の nome(名前)は広東語の「糯米」(もち米)と発音が似ていた。ポルトガル人の移住者は彼らが米を売るときの "大把"(ダイバ、たくさんの意)を地名であると勘違いした。しかしながら、この説を支持する証拠は何も残っていない。

タイパ新市街の街並み
官也街

主要施設[編集]

外部リンク[編集]