タイパ・ハウス・ミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイパ・ハウス・ミュージアム

タイパ・ハウス・ミュージアム中国語: 龍環葡韻住宅式博物館ポルトガル語: Casas - Museu da Taipa)は中華人民共和国マカオタイパ島にある博物館

概要[編集]

ポルトガル様式の住宅を主題とした博物館である。1999年12月5日に開館した。五つの建物(土生葡人之家、海島之家、葡萄牙地区之家、展覧館、迎賓館)からなっている。

建物自体が建てられたのは1921年で、元々はマカイエンサ(マカオ生まれのポルトガル系住民)やマカオ政庁の高級官僚の邸宅であった。1992年よりマカオ政庁は修復を行ってきた。

現在、この博物館は「マカオ八景」に指定されており、婚礼写真の撮影のために訪れる者も少なくない。

開業時間[編集]

  • 午前10時 - 午後6時
  • 月曜日休業

料金[編集]

  • 5パタカ(10歳以下、60歳以上は無料)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]