タイセイヨウクロマグロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイセイヨウクロマグロ
Bluefin-big.jpg
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物Animalia
: 脊索動物Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: サバ科 Scombridae
亜科 : サバ亜科 Scombrinae
: マグロ族 Thunnini
: マグロThunnus
South, 1845
: タイセイヨウクロマグロ
T. thynnus
学名
Thunnus thynnus
(Linnaeus, 1758)
和名
タイセイヨウクロマグロ(大西洋黒鮪)
ニシクロマグロ(西黒鮪)
英名
Northern bluefin tuna
Giant bluefin tuna

タイセイヨウクロマグロ(大西洋黒鮪、学名 Thunnus thynnus)は、スズキ目・サバ科に分類される魚の一種。大西洋の熱帯・温帯海域に分布する大型魚である。マグロ属の最大種で、分布域ではない日本にも食用として輸入されている。

かつては太平洋産のクロマグロと同種とされていたが、太平洋産はタイセイヨウクロマグロの亜種 T. t. orientalis、または別種 T. orientalis として分類する説が支持されるようになった。また、「タイセイヨウクロマグロ」という和名は別種 T. atlanticus に当てられた「タイセイヨウマグロ」と紛らわしいため、ニシクロマグロ(西黒鮪)という和名も提唱されている。

特徴[編集]

成魚は最大で全長458 cm・体重680 kgの記録がある。太平洋産のクロマグロよりも大きく、大型魚が多いマグロ類の中でも最大種である。

本種とクロマグロは、マグロ属の中で最も胸鰭が短く、第二背鰭に届かない点で他種と区別できる。嘗てこの2種は同種とされていたが、分布が連続しないこと、鰓耙数が異なること(クロマグロ32-39、タイセイヨウクロマグロ34-43)、タイセイヨウクロマグロは体腔背壁の筋肉が腹腔内に出るがクロマグロは出ないことなどから、亜種または別種とする見解が登場した。

生態[編集]

メキシコ湾カリブ海地中海黒海を含む大西洋の熱帯・温帯域に広く分布する。

同じくらいの大きさの個体同士で群れを作り、外洋域を高速で回遊する。カツオやマグロ属他種と混群を作ることもある。食性は肉食で、イワシニシンサバなどの小魚、甲殻類、頭足類などを捕食する。寿命は30年ほどである。

なお、サナダムシの仲間である Pelichnibothrium speciosum寄生虫として報告されている(Scholz et al. 1998)。この寄生虫の宿主として知られているのはヨシキリザメだが、ヨシキリザメが本種を捕食するとは考えられておらず、本種も最終宿主となる可能性が高い。

利用[編集]

一本釣り、曳縄(トローリング)、延縄巻き網、突きん棒、定置網などで漁獲される。漁獲されたものの多くは日本へ輸入される。日本での用途はクロマグロと同様で、刺身寿司種、葱鮪鍋(ねぎま)、焼き魚(塩焼き、照り焼き)などの材料として珍重される。

資源の枯渇問題[編集]

大西洋では前述の利用に伴って本種の乱獲が進んでいる。さらに本種の成長率が低く、成熟が遅いことも個体数減少に拍車をかけている。21世紀初頭の個体数は1970年代と比較して90%減少しているといわれた。IUCNのレッドリストでは、2011年にEN(絶滅危惧IB)と記載された。一方アメリカ海洋大気庁(NOAA)は2011年に回復の可能性のある「species of concern(懸念の種)」と位置づけている。

欧米で本種の資源の枯渇に対する懸念の声が高まり、2010年に開催された第15回ワシントン条約締結国会議で、モナコ公国が本種の国際取引の禁止案が提案したが、日本を一とした国々から資源管理のための漁獲量の取り決めをICCAT(大西洋まぐろ類保存国際委員会)で取り決めをするほうが望ましく国際取引禁止は性急過ぎるとして、賛成20、反対68、棄権30で否決されている。

また、2010年のメキシコ湾原油流出事故で本種の繁殖海域にも被害が及び、その影響も懸念された。 

議論[編集]

2011年1月5日に、築地の中央卸売市場で、恒例の初競りが行われ、香港の「板長寿司」及び日本の銀座の寿司店が共に1本3429万円(342キロ)で北海道戸井産のタイセイヨウクロマグロを競り落とした。それは過去最高値のものの、香港で議論され、香港の環保触覚という団体などは、その店が4年間続いて高額で絶滅のおそれがあるタイセイヨウクロマグロを買うのを批判し、タイセイヨウクロマグロの保護のため、続いて競るのをやめる要望を要求している。また、環保触覚の担任者がFacebookで人を集め、2011年1月8日に香港の旺角にある板前寿司の支店の前で抗議したが、この日のタイセイヨウクロマグロは完売した。

参考文献[編集]

  1. ^ Collette, B., Amorim, A.F., Boustany, A., Carpenter, K.E., de Oliveira Leite Jr., N., Di Natale, A., Die, D., Fox, W., Fredou, F.L., Graves, J., Viera Hazin, F.H., Hinton, M., Juan Jorda, M., Kada, O., Minte Vera, C., Miyabe, N., Nelson, R., Oxenford, H., Pollard, D., Restrepo, V., Schratwieser, J., Teixeira Lessa, R.P., Pires Ferreira Travassos, P.E. & Uozumi, Y. (2011). "Thunnus thynnus". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. International Union for Conservation of Nature. Retrieved 14 December 2011.

関連項目[編集]


外部リンク[編集]