タイセイヨウカマイルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイセイヨウカマイルカ
Lagenorhyncus acutus.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: マイルカ科 Delphinidae
: カマイルカ属 Lagenorhynchus
: タイセイヨウカマイルカ
L. acutus
学名
Lagenorhynchus acutus
Gray, 1828
英名
Atlantic White-sided Dolphin
タイセイヨウカマイルカの生息域
タイセイヨウカマイルカの生息域

タイセイヨウカマイルカLagenorhynchus acutus、大西洋鎌海豚)はクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カマイルカ属に属するイルカである。北大西洋寒帯から温帯にかけた海域に生息する。

概要[編集]

タイセイヨウカマイルカはカマイルカ属の中ではやや大きめの種類であり、生まれたときは1m強、成熟すると雄2.8m、雌2.5m程度、体重は250kgから280kg程度にまで成長する。雄は7年から11年、雌は6から12年で性成熟する。妊娠期間は11ヶ月で、育児期間は1年半である。寿命は雄22年、雌27年程度である。

タイセイヨウカマイルカの際立った特徴は、背びれの後方両側の白色あるいは淡黄色の模様である。この模様は、他の種類のイルカやクジラの模様(白、灰色、青からなる模様)と比べて独特である。その他の部分は他のカマイルカ属のイルカと同様に、あご、喉、腹面は白く、胸びれ、背びれ、背中は黒か濃い灰色である。くちばしから眼の上を通って尾にかけてまでの明るい灰色の筋があり、その筋の上の背びれの後には白い模様がある。

群の大きさは海域によって異なる。カナダニューファンドランド島周辺では60頭程度の群を作る。アイスランド東ではもっと小さい群を成す。

主食はニシンサバイカなどである。活動的なイルカであり、人間の乗るボートに近づいて来るが、ハナジロカマイルカマイルカほど積極的ではない。

生息数は20万頭から30万頭である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]