タイの楽器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タイの楽器(タイのがっき、タイ語: เครื่องดนตรีไทย)では、タイ王国の伝統楽器を挙げる。タイの伝統楽器は管楽器弦楽器打楽器に分かれる。

タイの楽器分類[編集]

タイの伝統楽器分類によると演奏方法によって四つのカテゴリーに分けられそれぞれ以下のようになる。

  1. 撥弦楽器(弦をはじく(撥)ことによって音を出す楽器、เครื่องดีด)
  2. 擦弦楽器(または棒で、弦をこする(擦・さつ)ことによって音を出す楽器、เครื่องสี)
  3. 打楽器 (楽器とハンマーを打ち鳴らすことによって音を出す楽器、 เครื่องตี)
  4. 吹奏楽器 (管楽器など、 เครื่องเป่า)

弦楽器[編集]

撥弦楽器[編集]

  • グラヂャプピー (กระจับปี่) - 古代のフレット付リュート
  • ヂャケー (จะเข้) - 鰐型のフレット付三弦ツィター
  • ピン (พิณ) - 東北タイ地域で用いられる三弦のリュート
  • ピンピヤ (พิณเพียะ) - 北タイ地域で用いられる共鳴器付ツィター
  • スン (ซึง) - 北タイ地域のリュート
  • ピンハイ(พิณไห) もしくは、 ハイソン (ไหซอง) - 大小異なる素焼きの壷の口に輪ゴムを渡したもの

擦弦楽器[編集]

  • ソードゥアン (ซอด้วง) - 硬材で胴が作られた高音の二弦フィドル
  • ソーサームサーイ (ซอสามสาย) - 椰子の殻で胴が作られた三弦フィドル
  • ソーウー (ซออู้) - 椰子の殻で胴が作られた低音の二弦フィドル
  • ソーピープ (ซอปีบ もしくは ซอปี๊บ) もしくは、ソーグラポーン (ซอกระป๋อง)- 金属缶で胴が作られた二弦のフィドル。特に東北タイで用いられる。ソーグラポーンは他に比べ小さい傾向がある。
  • ソーバン (ซอบั้ง) - 竹で作られたフィドル。東北タイで用いられる。
  • サロー (สะล้อ) - 北タイで用いられる三弦フィドル

打弦楽器[編集]

キムを演奏する少年

打楽器[編集]

太鼓[編集]

  • タフォーン (ตะโพน) もしくは グローンタフォーン (กลองตะโพน)
  • タフォーンモン (ตะโพนมอญ)
  • グローンタット (กลองทัด)
  • ラムマナー (รำมะนา)
  • トーン (โทน)
  • グローンタップ (กลองทับ)
  • グローンケーク (กลองแขก)
  • グローンソーンナー (กลองสองหน้า)
  • グローンヤーオ (กลองยาว)
  • プーンマーンコーク (เปิงมางคอก)もしくは、プーンマーン (เปิงมาง)
  • グローンチャートリー (กลองชาตรี)
  • グローンセン (กลองเส็ง)、 グローンチン (กลองจิ่ง)、もしくはグローンテ (กลองแตะ)

ゴング・チャイム[編集]

  • コーンウォンレック (ฆ้องวงเล็ก) - 円形に配置された高音の銅鑼のセット。数多くの小型の銅鑼がラタンで作られたフレームの上に配置されている。
  • コーンウォンヤイ (ฆ้องวงใหญ่)- 円形に配置された低音の銅鑼のセット。数多くの小型の銅鑼がラタンで作られたフレームの上に配置されている。
  • コーンモン (ฆ้องมอญ) - 垂直方向にカーブした木枠に収まった小型銅鑼のセット。葬儀の演奏の際に用いられることが多い。
  • コーンラーン (ฆ้องราง) - 水平方向に直線的に8つの整調した銅鑼のセットが配置された楽器。フィリピンの打楽器クリンタンに似ている。

鍵盤打楽器[編集]

  • ラナート (ระนาด) - 打奏体鳴楽器。通常二本のマレットを使って鍵盤を打ち音を出す。タイ伝統音楽演奏や演劇などで用いられる。
    • ラナートエーク (ระนาดเอก) - 高音のシロフォン。鍵盤は通常硬木によって作られる。
    • ラナートトゥム (ระนาดทุ้ม) - 低音のシロフォン。鍵盤は竹もしくは硬木によって作られる。
    • ラナートエークレック (ระนาดเอกเหล็ก) - 高音の鉄琴
    • ラナートトゥムレック (ระนาดทุ้มเหล็ก) - 低音の鉄琴
    • ラナートゲーオ (ระนาดแก้ว) - 硝子琴
  • ポーンラーン (โปงลาง) - タイ東北部の五音の木琴

銅鑼[編集]

  • コーンチャイ (ฆ้องชัย)、コーンフイ (ฆ้องหุ่ย)、またはコーンムイ (ฆ้องมุ่ย) - 大型の時を告げるために用いられる釣銅鑼。
  • コーンモーン (ฆ้องโหม่ง) もしくはモーン (โหม่ง) - 中型の釣銅鑼。タイの伝統的合奏で用いられる。
  • コーンメーン (ฆ้องเหม่ง) もしくは コーングラテー (ฆ้องกระแต) - 小型の釣銅鑼。信号やパレードの中で拍子として用いられる。
  • クローンラーオ (ฆ้องราว) - 木製フレームに収められた大中小の三つの銅鑼。
  • クローンクー (ฆ้องคู่) - 木製の箱に二基一対で収められた銅鑼。タイ南部の劇場音楽や演奏などで用いられる。
  • ウォンクローンチャイ (วงฆ้องชัย) - 円く配置された7つの銅鑼のセット。

クラッパー[編集]

  • グラップ (กรับ) - クラッパー
    • グラッププアン (กรับพวง) - 硬木や真鍮の板を数枚繋ぎ合わせ、ささらのようにうち当てて音を出す楽器。
    • グラップセーパー (กรับเสภา) - 硬木や竹で作られた二本一対の拍子木。

シンバル[編集]

  • チン (ฉิ่ง) - 小型の薄いシンバルで紐で結わえられ二枚一対として使用される。主に拍子を取るために用いられる。フィンガーシンバル
  • チャープ (ฉาบ) - 平らなシンバルで紐で結わえられ二枚一対として使用される。
    • チャープレック (ฉาบเล็ก) - 小型
    • チャープヤイ (ฉาบใหญ่) - 大型

竹製転滑式ラッセル[編集]

  • アンクルン (อังกะลุง) - 整調された竹管を枠に並べ、揺することで竹管をぶつけて音を出す。インドネシア原産。

銅鼓[編集]

  • 銅鼓 (มโหระทึก) - 青銅製のドラム。ドンソン文化に遡る古物であり、現在演奏されるのはまれ。

管楽器[編集]

吹奏楽器[編集]

クルイ
  • クルイ (ขลุ่ย) - 竹、堅木、プラスチックで作られる縦笛
    • クルイ・リップ(ขลุ่ยหลิบ もしくは、ขลุ่ยหลีบ):一般的ではない。
    • クルイ・ピアンオー (ขลุ่ยเพียงออ:中音)
    • クルイ・ウー (ขลุ่ยอู้: 低音):一般的ではない。
  • ウート (โหวด) - 東北タイの循環呼吸式パンパイプ

フリーリード[編集]

ケーン
  • ケーン (แคน) ∸東北タイで用いられパンパイプ
  • ピーチュム (ปี่จุม)∸北タイで用いられるフリーリードパイプ
  • 葫芦笙(Hulusheng) - 北タイのアカ族(アカ族呼称:fulu)、ラフ族(ラフ族呼称:naw)に用いられる瓢箪のパンパイプ
  • 口琴 (タイ中部:ヂョーンノーン (จ้องหน่อง)、タイ東北部:フーン (หืน)) - 主に北部の少数民族、東北部の人々の間で用いられている。

オーボエ[編集]

  • ピー (ปี่) - 四枚もしくは二枚リードのオーボエ
    • ピー・チャナイ (ปี่ไฉน) - おそらくはインドの楽器シャハナイから派生した楽器と思われる。
    • ピー・チャワー (ปี่ชวา) - タイの格闘技ムエタイの競技中に演奏される。
    • ピー・クラーン (ปี่กลาง)
    • ピー・モーン (ปี่มอญ) - 取り外し可能な金属製ベル(広がった口)のついた大型の二枚リードオーボエ。葬送のために用いられる。
    • ピー・ナイ (ปี่ใน) - タイの古典吹奏楽アンサンブルピーパート(ปี่พาทย์)の楽器として用いられる。
    • ピー・ノーク (ปี่นอก)

ホルン[編集]

  • トレー (แตร) - 金属製のホルン
  • サン (สังข์) - 法螺貝 のホルン。トレー・サン (แตรสังข์)とも呼ばれる。