タイとカンボジアの国境紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイとカンボジアの国境紛争
プレアビヒア寺院地区
2008年6月から
場所 北緯14度23分35秒 東経104度40分49秒 / 北緯14.39306度 東経104.68028度 / 14.39306; 104.68028
現況 進行中[1]
領土の
変化
なし
衝突した勢力
カンボジアの旗 カンボジア タイ王国の旗 タイ
指揮官
首相フン・セン
防衛相Tea Banh
Srey Doek
Chea Dara
首相インラック・シナワトラ
陸軍司令官Prayuth Chan-Ocha
Nut Sri-in
Thanet Wongcha-um
Chayan Huaysoongnern
Thawatchai Changprachack
被害者数
19人死亡[2]

(タイは64人死亡と言った)[3]
1人兵士行方不明[4]
3人住民死亡[5]
65人超えの兵士と住民負傷

16人兵士死亡[6]
(カンボジアは141人死亡と言った)[7][8][9]
2人住民死亡[10][11]
140人超えの兵士と住民負傷

タイとカンボジアの国境紛争(タイとカンボジアのこっきょうふんそう)は2008年に始まったプレアビヒア寺院に対するタイカンボジア国境紛争である。

歴史の背景[編集]

両国の国境問題は、1863年フランスがカンボジアを植民地化した後、20世紀初頭にタイ(当時はシャム)の領土であった現在のカンボジア北部がフランス領に割譲されたことに始まった。その際、ダンレック山地の分水嶺が国境線と定められたが、フランスが定めた国境線とタイの主張するダンレック山地の分水嶺が一致しない事態が生じ、プレア・ビヒア寺院は正に帰属がはっきりしなかった。

第二次世界大戦後は、タイが自国の警備兵をプレア・ビヒアに常駐させて実効支配していたが、独立後のカンボジアが同寺院の領有権の確認を求めて国際司法裁判所に提訴、1962年の判決で寺院周辺におけるカンボジア側の主権が認められている。タイ側は不満を示しながらも、つい最近まで同判決に従ってきた[12]

軍事衝突[編集]

2008年初、カンボジアがプレアビヒア寺院遺跡を世界遺産に登録するように、ユネスコ世界遺産委員会に申請した。ユネスコの世界遺産委員会が、プレアビヒア寺院遺跡をカンボジアの世界遺産に登録することにした。それに対して、タイ国内の政治団体や市民団体がこの合意に激しく反発した。

同年7月、タイ軍兵士が国境を越えてカンボジア領に侵入し集結していた。同時に、カンボジア軍もタイとの国境地帯に数百人規模の部隊を配備した。

同年10月、両軍間はプレアビヒア寺院から数キロしか離れていない国境地帯で銃撃戦を進め、カンボジア兵2人が死亡、タイ兵7人が負傷した[13]

撤兵[編集]

2011年4月、カンボジアは国際司法裁判所にプレアビヒア周辺の国境未画定地域の領有権に関する判断を求めた。同年7月、国際司法裁判所は紛争地域に非武装地帯を設定し、両国に即時撤兵するよう命じた。2012年7月、両軍は国境の紛争地域から撤兵した[14]

脚注[編集]

  1. ^ “Thailand and Cambodia to accept monitors for border row”. News Asia-Pacific (BBC). (2011年2月22日). http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12534980 2011年2月23日閲覧。 
  2. ^ 3 KIA on October 15, '08 [1], 2 KIA on April 3, '09 [2], 5 KIA on February 4–7, 2011 [3][4][5], 9 KIA on April 22–May 3, '11 [6], that makes a total of 19 killed
  3. ^ Govt probes claim 64 killed”. Bangkok Post. 2011年2月7日閲覧。
  4. ^ http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5jJn8xO17x_XAkjKoCey0zHOfsnmw?docId=CNG.ce5e2e67a61454295cd54a08b0ebf3f2.851
  5. ^ http://www.valleynewslive.com/story/13981303/thai-cambodian-clashes-resume-at-disputed-border?redirected=true
  6. ^ 1 KIA on October 15, '08 [7], 1 KIA on October 18, '08 [8], 3 KIA on April 3, '09 [9], 1 KIA on January 31, '10 [10], 1 KIA on February 5, '11 [11], 1 KIA on February 8, '11 [12], 8 KIA on April 22–May 3, '11 [13] that makes a total of 16 killed
  7. ^ 88 Thais killed in '08 and '09: Cambodia”. The China Post (2010年3月25日). 2011年2月7日閲覧。
  8. ^ At least 2 Thai tank were destroyed and 33 Thai soldiers were killed”. Cambodian.info. 2011年2月7日閲覧。
  9. ^ មន្ត្រី​ខ្មែរ ៖ កម្ពុជា​ស្លាប់ ៣ ថៃ​ស្លាប់​ជាង ៣០​នាក់”. Rfa.org. 2011年2月7日閲覧。
  10. ^ http://www.bangkokpost.com/breakingnews/234020/1-villager-killed-2-wounded-in-surin
  11. ^ http://www.globalmontreal.com/world/Thailand+pulls+truce+talks+with+Cambodia/4675612/story.html
  12. ^ タイ・カンボジアの国境紛争
  13. ^ タイとカンボジアの国境紛争
  14. ^ タイとカンボジア、国境紛争地域から撤兵