ゾーブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四国のゾーブ

ゾーブZorb)とは、ニュージーランドの企業ゾーブリミテッド社が開発したニューアトラクション商品の一つで、人間が巨大な中空、透明のボールの中に入り、斜面を転がり落ちて楽しむものである。ゾーブリミテッド社の登録商標である。このアトラクションを行う行為をゾービングという。


日本法人は株式会社ゾーブジャパンで、本社は福岡県糟屋郡志免町片峰中央3丁目16番28号。

概要[編集]

ゾーブの素材はPVC製。外側の直径は3.2m・内側の直径は1.8m。外側と内側の間には70cmの空気の層があり、衝撃を吸収する。ゾーブ自体の重さは約75kgである。 ゾーブの種類は

  • ハイドロゾーブ…ゾーブの中に水を入れて、水着を着用して中に入るタイプ。
  • ハーネスゾーブ…体にハーネスを装着して中に入るタイプ。
  • ジリンダーゾーブ…球形ではなく円柱形のゾーブ。

等があり、他に雪上コースを転がるスノーゾーブがある。

日本国内で体験できるのは4箇所。

  • サンタプレゼントパーク(北海道)
  • イカワエックスパーク(徳島県)
  • 城島後楽園遊園地(大分県)
  • 芦北海浜総合公園(熊本県)

事故[編集]

2013年1月3日ごろロシア南部のカラチャイ・チェルケシア共和国にあるスキー場にてゾーブ体験中にコースを逸れ谷底まで転落し 乗員2名の内男性1人が死亡し1人が重症を負う事故が発生した。 これに対しゾーブリミテッド社は「弊社とは関係のない違法営業で、100%防げた事故である」と声明を発表している

外部リンク[編集]