ゾロトゥルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾロトゥルン
Solothurn
Soleure
Soletta
スイスの旗
Soleure aar.JPG
聖堂から眺めたアーレ川
Coat of arms of Solothurn.svg
基礎自治体(Einwohner Gemainde)
位置
ゾロトゥルンの位置の位置図
ゾロトゥルンの位置
座標 : 北緯47度13分0秒 東経7度32分0秒 / 北緯47.21667度 東経7.53333度 / 47.21667; 7.53333
行政
スイスの旗 スイス
  (Kanton)
Wappen des Kantons Solothurn
ゾロトゥルン州
  (Bezirk)
Wappen des bezirks Solothurn
ゾロトゥルン区
 基礎自治体(Einwohner Gemainde) ゾロトゥルン
地理
面積  
  基礎自治体(Einwohner Gemainde) 6.29 km2 (2.4 mi2)
標高 430 m (1,411 ft)
人口
人口 (2006年12月現在)
  基礎自治体(Einwohner Gemainde) 15,086人
    人口密度   2,398人/km2(6,212人/mi2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 4500
公式ウェブサイト : http://www.stadt-solothurn.ch/
時計塔Zeitglockenturm

ゾロトゥルンドイツ語:Solothurnフランス語: Soleureイタリア語: Soletta)は、スイスの都市。ゾロトゥルン州の州都。ゾロトゥルン地区(en:Solothurn (district))唯一の自治体である。

地理[編集]

ゾロトゥルンはアーレ川沿いにあり、ジュラ山脈の麓にある。

歴史[編集]

ケルト人の定住地が14年から37年ローマ皇帝クラウディウスにより改名され、サロドゥルム(Salodurum)の名でローマの要塞となっていった。南東からライン川へ接近する戦略上の要地であった。

中世、定住地はローマ時代の要塞遺跡周辺に成長し、聖ゾロトゥルンのウルズス(マクシミアヌス帝時代に殉教)へ捧げられた聖ウルズス聖堂のある巡礼地であった。1127年、町はツェーリング家が獲得し、その後裔の絶えた1218年帝国自由都市となった。1295年ベルンと同盟した後、スイス連邦の一部となった。1382年、ハプスブルク軍がゾロトゥルンを攻撃し、市はゼンパッハの戦いに巻き込まれた。2年後の条約によって、ハプスブルク家は市の領有を宣言した。15世紀には近隣の領土を加え拡大し、おおまかに現在のゾロトゥルン州と同じ大きさとなった。

1481年、スイス連邦の完全な構成市となった。1530年から1792年の間、フランスの駐スイス大使がゾロトゥルンに駐在した。1817年10月15日ポーランドの国民的英雄タデウシュ・コシチュシュコはゾロトゥルンで死に、地元の墓地に埋葬された。

1828年、ゾロトゥルンにはバーゼル司教座がおかれた。

建築物[編集]

ゾロトゥルンは、スイス最大のバロック様式の都市と呼ばれる。旧市街は1530年から1792年にかけ建設され、イタリア、フランスの影響、スイスの観念が組み合わされた建築様式を見せている。

1980年、ゾロトゥルンは建築遺産の保護と発展への取り組みを評価され、ヴァッカー賞(en:Wakker Prize)を獲得した。

見どころ[編集]

  • 旧市街
  • 時計台 (Zeitglockenturm, 12世紀)
  • 聖ウルズス聖堂 - 1773年完成
  • イエズス会派教会(Jesuitenkirche, 1689年完成)
  • ヴァルデック城
  • ランドハウス
  • ベゼンヴァル宮殿
  • ビエンヌ門
  • バーゼル門

11にちなむもの[編集]

ゾロトゥルン州は、スイス連邦に加盟した11番目のカントンである。ゾロトゥルン市内には11の教会と礼拝堂があり、11の歴史ある噴水と11の塔がある。聖ウルズス聖堂には11の祭壇と11の鐘があり、聖堂正面の階段の段数は平均11段である。

地元のビール醸造所は、11を意味するスイスドイツ語でÖufiといい、同名のビールを製造している。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]