ゾルゲル法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゾル-ゲル法(ゾル-ゲルほう、英語:sol-gel)とは、一般的な意味でアルコキシドゾルを加熱などによりゲル状態とし、セラミックスなどを合成する化学操作のひとつである。または核技術操作の一つで、ウランプルトニウム等の核物質を水や酸中でコロイド状にし、二酸化ウランを作る工程のこと。

例えば、シリカ(二酸化ケイ素)をゾルゲル法で合成する場合は、TEOS(オルトケイ酸テトラエチル)などのアルコキシド(シリカ前駆体)を、酸性、若しくは塩基性条件で、加水分解重縮合反応を行わせる事によって、アルコールを脱離させて合成する。酸性の場合と塩基性の場合で、反応過程は異なるが、一般に、強塩基性条件の方が、密なシリカが得られ易い。通常は、脱離したアルコールを含め、シリカ以外の成分は不要であるから、シリカのみを分離後、乾燥、焼成する。 尚、この方法では、例え中性であっても、TEOSの加水分解・重縮合反応が進行してしまう為、水溶性のシリカ前駆体も合成されている。

相の違いによりゾルやゲル・キセロゲルに変化するコロイドの性質を利用している。セラミックを作る際はこの方法によってできたゲルをさらに加熱乾燥させて製造する。 その他ガラスを製造する際にもこの方法が用いられる。応用される用途が幅広く、最近では光触媒の原料である二酸化チタンの製造に応用されている。