ゾフィア・フォン・ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾフィア・フォン・ナッサウ(アンデシュ・ソーン画)

ゾフィア・ヴィルヘルミーネ・マリアンネ・フォン・ナッサウ(Sophia Wilhelmine Marianne von Nassau, 1836年7月19日 - 1913年12月30日)は、スウェーデン=ノルウェーの王オスカル2世の王妃。スウェーデン語名はソフィア・アヴ・ナッサウ(Sofia av Nassau)。

ナッサウ公ヴィルヘルムと2度目の妃パウリーネ・フォン・ヴュルテンベルクヴュルテンベルクフリードリヒ1世の次男パウルの娘)の末子。異母兄にルクセンブルク大公アドルフがいる。アドルフの若くして亡くなった最初の妃エリザヴェータ・ミハイロヴナは、母方の従姉にあたった。

1857年6月、オスカルとヴィースバーデン=ビーブリッヒの城で結婚。4男をもうけた。

オスカルは王の承認を得ない結婚をしたため、スウェーデン王位継承権を喪失したが、兄アドルフがルクセンブルク貴族の称号として「ヴィスボリ伯」を創設し、授爵した。