ソードフィッシュ (イギリス海軍潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒煙を吐きつつ航海するソードフィッシュ
艦歴
発注
起工 1914年2月28日
進水 1916年3月18日
就役 1916年4月28日
退役 1918年10月30日
その後 1922年7月にスクラップとして売却
1923年に転売
除籍
性能諸元
排水量 水上:932トン 水中:1,470トン
全長 70.6 m (overall)
全幅 7.0 m
吃水 4.55 m
機関 ボイラー1基
蒸気タービン2基
電動機2基
2軸推進、3,750shp/1,400shp
最大速 水上:18ノット (33 km/h)
水中:10ノット (19 km/h)
航続距離 8.5ノット (15.7 km/h) で3,000海里 (5,600km)
乗員 18名
兵装 12ポンド砲2門
21インチ魚雷発射管(艦首)2門
18インチ魚雷発射管(艦尾)4門

ソードフィッシュ (HMS Swordfish) は、イギリス海軍潜水艦。水上速力20ノット以上を発揮する高速潜水艦として計画された。そのため、機関に石炭式ボイラー蒸気タービンを採用しているのが特徴である。

蒸気潜水艦は当時、極めて稀な存在であり、黎明期に現れた一部の実験艦を除けば、本艦以外に蒸気機関または蒸気タービンを採用したものはK級潜水艦くらいであった。蒸気潜水艦全盛期が到来するには、原子炉の実用化を待たねばならない、

艦歴[編集]

ソードフィッシュは第一次世界大戦前にグリーノックスコッツ・シップビルディング・アンド・エンジニアリング社により開発・建造が進められた。イタリア人設計者のチェーザレ・ラウレンティによってイギリス海軍向けに設計され、その仕様は当時の他国海軍の潜水艦にも流用された[1]。1913年に建造が始められ、1916年3月16日に進水した。4月に S1 と改名され、排水量1,500トン、速力18ノットの高速蒸気潜水艦として完成した。

ジェフリー・レイトン中佐が艦長に着任し、実験潜水艦として運用されたが、K級同様、やはり蒸気潜水艦構想は失敗だと判断されたようで[2]、1917年6月27日から1918年1月24日にかけて水上巡視艇に改装され、1917年7月には再びソードフィッシュと改名された。

ソードフィッシュは1918年10月30日にポーツマススクラップとして売却され、1923年にポーツコールで転売された。

同名艦[編集]

ソードフィッシュの名を持つ潜水艦はイギリス海軍において1916年に竣工した本艦の他、1930年代に建造された二代目のソードフィッシュとがある。また、アメリカ海軍サーゴ級潜水艦およびスケート級原子力潜水艦にも同名の潜水艦が存在する(→ソードフィッシュ_(サーゴ級潜水艦)ソードフィッシュ_(原子力潜水艦))。その他、駆逐艦にもソードフィッシュ (駆逐艦)英語版が存在する。

参照[編集]

  1. ^ 'Laurenti Type Submarines in the World's Navies' by Alessandro Turini and C. Wright, Warship International No. 2, 1995, p. 145.
  2. ^ Turrini and Wright (1995), p. 146.

関連項目[編集]