ソースファイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
合同会社ソースファイア
Sourcefire Japan
種類 合同会社
市場情報 非上場
本社所在地 郵便番号:100-6208
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス 8階
業種 情報・通信業
事業内容 ソフトウェア・ハードウェアの販売・サポート
外部リンク http://www.sourcefire.com/ja
テンプレートを表示
Sourcefire, Inc
種類 公開会社
市場情報
NASDAQ FIRE
略称 FIRE
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
9770 Patuxent Woods Drive
Columbia, MD 21046
設立 2001年
業種 情報・通信業
事業内容 ソフトウェア・ハードウェアの開発・販売・サポート
代表者 CEO Martin Roesch
従業員数 500名(2012年
外部リンク http://www.sourcefire.com/
テンプレートを表示


ソースファイア (Sourcefire, Inc.) は、2001年に設立された米国メリーランド州コロンビアにある会社で、ネットワークセキュリティ用のハードウェアおよびソフトウェアを開発・販売・サポートしている。同社の主力製品である Sourcefire 3D System は、オープンソースの侵入検知技術である Snort をベースにしている。日本法人は、2007年設立の株式会社ソースファイア。現在合同会社ソースファイア

概要[編集]

ソースファイアは 2001 年、Snort の開発者である Martin Roesch により設立された。Snort はオープンソースの侵入検知・防御技術で、2009 年 4 月の時点で 300 万回以上のダウンロード数を誇っており、この分野のデファクトスタンダードとされる。ソースファイアは Snort ベースの製品を有償で販売・サポートしているが、同時に Snort 自身の開発にもかかわっており、将来も積極的に開発に関与し続けることを約束している。
2005 年にはセキュリティ大手のチェックポイント社が 2 億 2500 万ドルでの買収提案を行ったが、政府当局の許可が得られない見通しとなったため、提案を取り下げた。
2007年3月、ソースファイアは IPO (新規株式公開) を行った。時価総額は 8,630 万ドル。
2007年8月17日にオープンソースのアンチウイルスソフトウェアベンダーである ClamAV を買収した。
2011年1月にアンチウイルスソフトウェアベンダーである Immunet を買収した。
2012年1月に企業向けマルウェア対策セキュリティソリューションFireAMP(ファイアアンプ)を発表した。
2012年9月に日本国内市場へFireAMPの販売を開始した。
2013年7月23日、シスコシステムズは、ソースファイアを約27億ドルで買収することに最終合意したと発表した。

主な製品[編集]

  • Sourcefire 3D System
    • Sourcefire 3D Sensor (IDS/IPS アプライアンス)
    • Sourcefire Defence Center (管理アプライアンス)
    • Sourcefire IPS (Snort ペースの IPS システム)
    • Sourcefire RNA (IPS パラメータの自動チューニング)
    • Sourcefire RUA (ディレクトリサービスとの連携)
    • Sourcefire NetFlow Analysis (NetFlow 情報の解析)
  • Snort (オープンソースの IDS/IPS 技術)
  • ClamAV (オープンソースのアンチウイルスツールキット)
  • Immunet Protect (個人向けウイルス対策ソフト)
  • FireAMP (企業向けマルウェア対策セキュリティソリューション)
    • FireAMP Windows
    • FireAMP Android

関連項目[編集]

外部リンク[編集]