ソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソン (son) は、キューバ起源のラテン音楽のジャンルである。スペイン語という意味である。

一般的に、前半のメロディーの歌曲形式と、後半のモントゥーノと呼ばれるソロ歌手とコーラスの掛け合いの形式をとっている。この掛け合い部分を強調したものをソン・モントゥーノと呼ぶこともあれば、モントゥーノ部分がないものもある。マンボチャチャチャも基本的にはソンを土台に作られたものである。

歴史[編集]

16世紀頃が極初期である[要説明]

19世紀、キューバのオリエンテ地方が発祥地である。ソンの起源はいろいろ分かれているが、1850年代に、サンティアーゴ・デ・クーバを中心に唄われていた「マ・テオドーラ」が最初であるとされる。1868年の第一次キューバ独立戦争で、兵士達がギターマラカスなどの楽器を持ってハバナに入り、ポピュラー音楽として発展していった。ギアとモントゥーノの2パートにより構成されており、ギアはスペイン的歌曲のメロディー・パートであり、モントゥーノはアフリカ的要素のコール・アンド・リスポンスである。

アメリカやヨーロッパで演奏活動をした、ギタリストのミゲール・マタモロス、ギタリスト兼ヴォーカリストのラファエル・クエト、マラカス奏者のシロ・ロドリゲスの3人組、「トリオ・マタモロス」により世界へ広められた。

1922年のキューバでのラジオ放送の普及で、ソンの人気は本格的となった。この時期、禁酒法のアメリカから観光客が訪れ、ナイトクラブが盛況となったことで、ソンはキューバで最もポピュラーな音楽のタイプに進化した。

1925年、ソン・トリオにボンゴを加えたバンドが出てきてから、その後も形式を変えていき、ギター、トレス、マリンブラ、ボンゴ、そして、シンガー2人が演奏するクラベスとマラカスのセステート(6人編成)が確立され、1930年のソンの全盛期には、そこにトランペットが加わり、セプテート(7人編成)となった。「コンフント」と呼ばれた大人数のグループは、ホーンセクション、ギター、ベース、シンガー、ピアノ、ボンゴにコンガと、現在のラテンバンドに近い形で演奏していたようである。

キューバ革命以降は低迷の時期を迎えるが、1970年代に入り、アダルベルト・アルバレスシエラ・マエストラによって、現代的な解釈を加えられた。その後もソンは発展し続け、常にキューバ音楽に寄与し、他のジャンルの音楽にも影響を与えている。

ルンバ (rhumba) との関係[編集]

海外に「ソン (son)」を紹介する際、英語の「ソング (song)」と混同されないようにとマーケティング上の理由で「ルンバ (rhumba)」の名で知れ渡ったといわれるのが通説である。尚、キューバでルンバ (rumba) といえば、もっとアフリカ色の強い打楽器音楽を意味するので、混同しないようにしたい。詳しくはルンバの項を参考されたし。

関連項目[編集]

動画[編集]