ソロヴィヨーフ D-20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソロヴィヨーフ D-20 (Соловьёв Д-20) は、1950年代ソビエト連邦ソロヴィヨーフ設計局が開発したターボファンエンジンである。エンジンはM-4パイロットを勤めたパベル・ソルヴィヨーフ(en)の指示の元1955年から開発が始められ、1959年に量産を開始、1960年国家試験に合格した。D-20は短中距離用旅客機であるTu-124で採用された。

仕様[編集]

一般的特性

  • 形式: 2軸ターボファン
  • 全長:
  • 直径:
  • 乾燥重量: 1,468 kg

構成要素

  • 圧縮機: 3段低圧・8段軸流圧縮機
  • 燃焼器: カンミュラー型12室
  • タービン: 2段低圧・1段高圧タービン

性能

出典: Gunston.[1]


脚注・参考文献[編集]

  1. ^ Gunston 1989, p. 164.
  • Gunston, Bill. World Encyclopedia of Aero Engines. Cambridge, England. Patrick Stephens Limited, 1989. ISBN 1-85260-163-9

外部リンク[編集]