ソロモン (ヘンデル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
テムズ川上のジョージ1世とヘンデル(19世紀の想像図)

ソロモン』(Solomon (Handel))HWV 67はヘンデルが作曲したオラトリオ

作者不明の台本は、旧約聖書列王記第一巻・歴代誌第二巻と、歴史家フラウィウス・ヨセフスの古代ユダヤ伝の賢明王ソロモンの伝記に基づいている。1748年5月5日-6月13日までの一ヶ月で作曲し、初演はロンドンのコヴェント・ガーデン劇場1749年3月17日に行われ、さらに二回上演された。カテリーナ・ガリがタイトル・ロール・ソロモン役を務めた。

第3幕に二つのオーボエと弦楽器による短く生き生きした楽節「シバの女王の到着」があり、その部分だけが有名になり、ロンドン・オリンピック(2012年)で演奏された。[1]

ヘンデルは1759年に同作を改訂した。[2]

背景[編集]

『ソロモン』初演の行われたコヴェント・ガーデン劇場

ドイツ生まれのヘンデルは1712年以来ロンドンに居住してい、イタリア・オペラの作曲家として大きな成功を収めていた。音楽に英語のテキストを使う機会は最初は限定されていた。

彼は作曲家として1717-1719年に大富豪シャンドス公の大邸宅に住み、教会の讃美歌と2つのオペラ作品『エイシスとガラテア』と『エスター』を書き、さまざまな王室行事のために英語の声楽曲を作曲し、1727年にはジョージ2世戴冠式頌歌を書き、イギリス音楽界を震撼した。[3]

1731年に、1718年版『エスター』(聖書のジャン・ラシーヌ物語の英語劇)がヘンデルの参加なしにロンドンで上演され好評だったので、ヘンデルは同作品を改訂し、彼のイタリア語オペラが上演されていた劇場でそれを上演しようとした。

しかし、ロンドン司教は、ステージ上で聖書劇を公演するのを禁じたため、ヘンデルは『エスター』をコンサート形式で上演し、結果的に英語オラトリオを創始した。[4]:212

『エスター』の成功は巨大だったので、ヘンデルは1941年の『デイダミア』をもってイタリア語オペラを放棄し、一連の英語オラトリオの傑作を制作した。[5]

ヘンデルがロンドンのために作曲したイタリア語オペラの形式「オペラ・セリア」は、スター歌手のためのソロのアリアとレチタティーヴオばっかりだった。合唱曲は無かった。英語オラトリオでは、ソロのアリアのほかに、戴冠式アンセムで使用したタイプの大合唱も混ぜた。

ヘンデルのイタリアオペラに投資し楽しんでいた貴族だけではなく、はばひろい社会階級の人たちがヘンデルの英語オラトリオを楽しんだ。[6]

英語オラトリオ「ソロモン」は、ジョージア朝イギリス帝国への祝福として当時のイギリス人に受け止められた。ソロモンは智慧と正義を象徴する王であり、当時のイスラエルは強大で繁栄していたとされているから。[7]

役と声部と初演時の歌手[編集]

  • ソロモン:アルト:カテリーナ・ガリ
  • ソロモンの女王:ソプラノ:ジュリア・フラージ
  • ニコール(シバの女王):ソプラノ:ジュリア・フラージ
  • 遊女1:ソプラノ:ジュリア・フラージ
  • 遊女2:メゾソプラノ: シビラ・グロナマン(ピント夫人)
  • ザドク大祭司:テノール:トーマス·ロウ
  • レビ人:バス:ヘンリー·セオドア・ラインホルド
  • アテンダント:テノール
  • 司祭:コーラス
  • イスラエル人たち:合唱

あらすじ[編集]

第1幕[編集]

ソロモンと人々がエルサレムでお祭り騒ぎを催している。ソロモンは(数百の妻や妾を持っていたと記載されている聖書のソロモンとは異なり)彼の妻と結婚して幸福のあまり喜び、女王のために宮殿を建てることを約束する。

彼らはお互いのを表現し、花の香りのそよ風に誘われ、夜のために退場する。ナイチンゲールが歌を休むように。

第2幕[編集]

ひとりの赤ん坊について、それぞれが「あたしの赤ちゃんやないの!!!うそつき!!!」と主張する2人の遊女の物語でソロモンの叡智が示される。

ソロモンは「わしの剣で乳児を分割して二人に分けてやったら事件は解決やがな」と提案しながら剣を抜く。

片方の女が「やめてええ!!!そんなことならあの女にやるほうがマシやあああ!!!」と泣き崩れ、真の親が判明する。

売女とコーラスは、ソロモンの判決を大合唱で爆発的に称賛する。

第3幕[編集]

シバの女王がソロモンの王国へ公式訪問し、王と民は音楽で彼女を楽しませ、仮面ダンス大会が始まる。

壮大なコーラスの穏やかな音楽が軍事的栄光を褒め称え、不幸な恋人の絶望の嵐をなだめ、賢明な支配者ソロモンによるイスラエルの平和、幸福、繁栄の黄金時代を祝う。

曲目リスト[編集]

第一幕
1. 序曲
1景: ソロモン・ザドック・司祭・合唱
2.ハープとシンバル(合唱)
3.お前の主を称えなさい (レヴィット – アリア)
4.敬虔な心をもって (合唱)
5.全能の力 (ソロモン – accompagnato)
6.王のソロモン (ザドック – レチタティーヴ)
7.聖なる有頂天 (ザドック – アリア)
8.全国津々浦々 (合唱)
9.祝福された主 (ソロモン – 台詞)
10.What though I trace (Solomon – air)
2景: To them the Queen
11.And see my Queen (Solomon – recitative)
12.Bless’d the day (Queen – air)
13.Thou fair inhabitant of Nile (Solomon, Queen – recitative)
14.Welcome as the dawn of day (Queen Solomon – duet)
15.Vain are the transient beauties (Solomon – recitative)
16.Indulge thy faith (Zadok – air)
17.My blooming fair (Solomon – recitative)
18.Haste to the cedar grove (Solomon – air)
19.When thou art absent (Queen – recitative)
20.With thee th’unshelter’d moor (Queen – air)
21.May no rash intruder ("Nightingale Chorus") (chorus)
Act Two
Scene 1: Solomon, Zadok, Levite, chorus of priests and Israelites
22.From the censer (chorus)
23.Prais’d be the Lord (Solomon – recitative)
24.When the sun o’er yonder hills (Solomon – air)
25.Great prince (Levite – recitative)
26.Thrice bless’d that wise discerning king (Levite – air)
Scene 2: To them an attendant
27.My sovereign liege (Attendant, Solomon – recitative)
Scene 3: To them the two harlots
28.Thou son of David (First harlot – recitative)
29.Words are weak (First and second harlot, Solomon – trio)
30.What says the other (Solomon, second harlot – recitative)
31.Thy sentence, great king (Second harlot – air)
32.Withhold, withhold the executing hand (First harlot – recitative)
33.Can I see my infant gor’d (First harlot – air)
34.Israel attend (Solomon – accompagnato)
35.Thrice bless’d be the king (First harlot, Solomon – duet)
36.From the east unto the west (chorus)
37.From morn to eve (Zadok – recitative)
38.See the tall palm (Zadok – air).
39.No more shall armed bands (First harlot – recitative)
40.Beneath the vine (First harlot – air)
41.Swell, swell the full chorus (chorus)
第三幕
42.シンフォニア(「シバの女王の到着」)
Solomon, Queen of Sheba, Zadok, chorus of Israelites
43.From Arabia’s spicy shores (Queen of Sheba, Solomon – recitative)
44.Ev’ry sight these eyes behold (Queen of Sheba – air)
45.Sweep, sweep the string (Solomon – recitative)
46.Music spread thy voice around (Solomon and chorus)
47.Now a different measure (Solomon and chorus)
48.Then at once from rage remove (Solomon – recitative)
49.Draw the tear from hopeless love (chorus)
50.Next the tortur’d soul release (Solomon – recitative)
51.Thus rolling surges rise (Solomon and chorus)
52.Thy harmony’s divine (Queen of Sheba – recitative)
53.Pious king (Levite – air)
54.Thrice happy king (Zadok – recitative)
55.Golden columns (Zadok – air)
56.Praise the Lord (chorus)
57.Gold now is common (Solomon – recitative)
58.How green our fertile pastures look (Solomon – air)
59.May peace in Salem (Queen of Sheba – recitative)
60.Will the sun forget to streak (Queen of Sheba – air)
61.Adieu, fair queen (Solomon – recitative)
62.Ev’ry joy that wisdom knows (Queen of Sheba, Solomon – duet)
63.The name of the wicked (chorus)
performed by the Advent Chamber Orchestra with Humbert Lucarelli and Edino Biaggi on oboes.

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

音楽的内容[編集]

「ソロモン」は豊かなオーケストレーションがほどこされ、フルート、オーボエ、ファゴット、ホルン、トランペット、ティンパニ、通奏楽器のオーケストラをフィーチャーする。

壮大で多様なコーラスの多くは、当時の一般的な4声ではなく、8声(「ダブル・コーラス」)である。

第3幕は非常に有名なシンフォニア「シバの女王の到着」で始まる。オーボエをフィーチャーした明るく活発な管弦楽曲として知られているおり、オラトリオの文脈外で単独で演奏されることが多い。

選抜録音[編集]

  • 1950年(2005年リマスター):サー・トーマス・ビーチャム指揮/ビーチャム合唱協会/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(EMI2枚組)
  • 1967年 :スティーブン・サイモン指揮/ウィーン·ユース合唱団/ウィーン·フォルクスオーパー管弦楽団/RCAレッド·シール·レコード(3枚組LP)
  • 1984年:バーバラ・ヘンドリックス歌唱/ジョン・エリオット・ガーディナー/モンテヴェルディ合唱団/イングリッシュ·バロック·ソロイスツ(フィリップスのデジタル録音)(3枚組LP、2枚組CD)
  • 1999年:アンドレアス·ショル/ポール·マクリーシュ
  • 2003年:ユルゲン・ブッデイ/マウルブロン室内合唱団
  • 2006年:マーク·パドモアなど/ダニエル·ロイス指揮

出典[編集]

  1. ^ Schwarm, Betsy. “The Arrival of the Queen of Sheba”. Britannica.com. 2014年4月28日閲覧。
  2. ^ G. F. Handel's Compositions”. The Handel Institute. 2013年9月28日閲覧。
  3. ^ Kemp, Lindsay. “Programme Notes for Saul”. BBC. 2013年9月28日閲覧。
  4. ^ Burrows, Donald (2012). Handel (Master Musicians Series). Oxford University Press, USA; 2 edition. ISBN 978-0-19-973736-9. 
  5. ^ Hicks, Anthony (2013), “Handel, George Frideric”, Grove Music Online (Oxford University Press)  (要購読契約)
  6. ^ Martini, Joachim C.. “Programme notes for "Solomon"”. Naxos. 2014年4月29日閲覧。
  7. ^ Lang, Paul Henry (2011). George Frideric Handel (reprint ed.). Dover Books on Music. ISBN 978-0-486-29227-4. 

外部リンク[編集]