ソレイユ (シンクロトロン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソレイユ(2005年6月1日

ソレイユ SOLEIL 、『太陽』の意)はフランスパリ近郊のシンクロトロン実験施設である。2003年に着工し2006年5月14日に初の電子加速試験を実施した [1]SOLEILSource optimisée de lumière d’énergie intermédiaire du LUREの頭文字である。

直径354mの電子蓄積リングを持ち、電子加速エネルギーは2.75GeVである。ビームラインの利用波長領域は赤外線から硬X線をカバーする。この施設はCNRSフランス原子力庁 (CEA) という2つのフランス国立研究機関が管理する第三者法人が運営する。所在地はパリ近郊南西部エソンヌ県Saint-Aubinで、その他の核物理学素粒子物理学の研究施設があるGif-sur-YvetteSaclayに近い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The synchrotron SOLEIL machine has started operation”. lightsources.org. 2006年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月17日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度42分36秒 東経2度08分37秒 / 北緯48.71000度 東経2.14361度 / 48.71000; 2.14361