ソルベンシーII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソルベンシーII(ソルベンシーツー)とは、欧州において導入に向けて検討が進められているソルベンシー規制のことである。欧州では、現在、ファクター方式に基づくソルベンシー規制(ソルベンシーI)に基づいて規制されているが、これを近代化し、経済価値ベースへのソルベンシー規制を目指している。現在、2013年から施行されるといわれているが、これまでも施行が延期されてきたことから、実際に導入される時期がいつになるかは不明である。

定量的影響調査[編集]

ファクターベースのソルベンシー規制から経済価値ベースのソルベンシー規制に移行した場合、その影響が大きいため、定量的影響調査(QIS)が行われている。QISは、現在第5次(QIS5)まで行われており、QIS6が行われるのではないかと言われている。

参考文献[編集]