ソルフィン・ソルザルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名ソルフィンで呼ばれます。
フィラデルフィアにあるソルフィン・カルルセフニの像(Einar Jónsson作、1918年)

ソルフィン・カルルセフニ・ソルザルソン[注 1][注 2]古ノルド語Þorfinnr Karlsefni Þórðarson, アイスランド語Þorfinnur Karlsefni Þórðarson, :Thorfinn Karlsefni Thortharson, 970年 - ?)は、アイスランドの探検者。1010年頃、約60人または160人の移民を率いてレイヴ・エイリークスソン[注 3]が発見した新大陸ヴィンランドの航路をたどり、定住計画を企てたが数年のみで長続きはしなかった。綽名は「侠気(おとこぎ)のソルフィン」[注 4]

ヴィンランドを目指した遠征は、5回試みられているが、赤毛のエイリークの子らであるレイヴ、ソルヴァルドに次ぐ3回目の試みをおこなったソルステイン・エイリークソン英語版は到達できずに失敗し、その冬にグリーンランドにて病に倒れ死亡した。ソルステインの未亡人であるグズリーズ・ソルビャルナルドーティル英語版と結婚したソルフィンは、ヴィンランド遠征への4回目の試みを率い、3回目の成功を果たすことになる。その後、レイヴの異母姉妹フレイディースが遠征したとされている。

ソルフィンとグズリーズ夫婦がヴィンランドに逗留中、2人の間にスノッリ・ソルフィンスソン英語版が生まれた。スノッリはアメリカ大陸で初めて生まれた欧州人の1人とされている。

経歴[編集]

サガ資料[編集]

ソルフィンの生涯、その出自や家系、遠征や後日談などについては、『グリーンランド人のサガ』と『赤毛のエイリークのサガ』に記される(2編を総じて英語圏では「ヴィンランド・サガ(ズ)」と称す)[1]。ところが、2編には内容的にかなりの食い違いがある[2]。例えば『グリーンランド人』では、ソルフィンは男60人と女5人を率いてレイヴ・エイリークスソンや、その弟のソルヴァルド英語版が既に確立した航路をおおよそたどってヴィンランドへ向かったが[3]、つごう3隻[注 5]と160人のを率いて出立したことになっている[4]

『グリーンランド人のサガ』によるこのときの航海の説明は簡略で、『赤毛のエイリークのサガ』の方がはるかに事細かであるが、これをそのまま信じることはできない。全体的な話は別項で述べられようが、ここでは『赤毛のエイリーク』における「改竄」の典型的なものをいくつか挙げるにとどめる。

まず、ソルフィン以前にヴィンランド到達を果たした探検団には、実はレイヴ・エイリークソンの他に、兄弟のソルヴァルド・エイリークソン英語版がいた。このソルヴァルドは、現地で先住民スクレリングの矢傷を受けて命を落とし、ソルフィンの出発時にはすでに亡き人であった(これは『グリーンランド人』の記述どおり[5])。だが『赤毛のエイリーク』ではソルヴァルドの「死を遅らせて」[6]ソルフィンの遠征に同乗させ、その後、「一本脚」(古ノルド語einfœtingr, アイスランド語einfætingur)なる摩訶不思議な敵に射かけられて最期を遂げる[7][注 6]

また、『赤毛のエイリークのサガ』では、ソルフィン・カルルセフニが、新天地のヘルランド英語版マークランド英語版、キャラルネス(竜骨岬)などを命名したとされているが、これは「『グリーンランド人のサガ』とは真っ向から相反し、確実に間違っている」と考察されている[8](前者2つはレイヴによる命名で、後者はソルヴァルドが破損した船の竜骨を碑として立てた場所である[5])。

グリーンランド[編集]

アイスランドの商人ソルフィン・カルルセフニは、交易の荷を積んだ船でグリーンランドに到来し、そこでソルビョルンの娘グズリーズ (Guðríðr Þorbjarnardóttirと出会い、赤毛のエイリークの息子のひとりソルステイン・エイリークソン英語版の未亡人だった彼女と結婚した[3]。グズリーズは、義兄のレイヴのもと、ブラッターフリーズ英語版の地所に身を寄せていた。この地所はエイリークが1003年頃に疫病で没した後、レイヴに相続されていたが、『赤毛のエイリークのサガ』では、まだこのとき存命のままグリーズを自分の敷地に迎え入れたことになっている[9]

ヴィンランド[編集]

ソルフィンは、葡萄(「ヴィーン」)が豊富ゆえに名づけられたという新天地ヴィンランド(北アメリカ大陸東部)を目指すという重大な決断をくだすわけだが、『グリーンランド人のサガ』では、これは妻のグズリーズが強い主張したことによるとされる。レイヴはヴィンランドに建てたという家屋をソルフィンたちが借用するのは許可したが、それをまるまる譲り渡すことは渋っていた[3]

ヴィンランドで暮らし始めたとき、グーズリーズはソルフィンの長子スノッリ英語版を生んだ[3][10]新世界(アメリカ大陸)で生まれた初のヨーロッパ系人とされる。

ソルフィンが開拓した植民地の所在については、諸説が提唱されてきている。現今カナダの東岸沖ニューファンドランド島の北端ランス・オ・メドーで発見されたノルド人遺跡も、その候補地ではあるが、これについてはブドウが自生しないニューファンドランドはヴィンランドでありえないという批判説が有力である[11][12]。ある英訳書では、ランス・オ・メドーを「レイヴの町」(レイヴスブディル英語版)、[注 7][13]と識別し、ソルフィンの航路はそのすぐ近くの島であるビャルン島(「熊島」)を通ったと解釈している[13][注 8]

ある所見によれば、ヴィンランドの植民地には、北のストラウムフィヨルドと、南のホープ(Hóp;「潮だまり」)があった[12]。ホープは、サガ資料にによればソルフィンが、野生の麦やブドウをふんだんに収穫できた土地で、ここで越冬地としていたが、交易の相手の原住民と紛争が起こり撤収した。ある英訳書の附録地図では、ストラウムフィヨルドをノヴァ・スコシア南岸、ホープをニューヨークとしている[13]

その後、レイヴの腹違いの姉妹フレイディース英語版もヴィンランドへ遠征を行ったが、内紛的な殺戮という大惨事に及んだと『グリーンランド人のサガ』には伝えられるが、『赤毛のエイリークのサガ』では、フレイディースはソルフィンの一行に加わってヴィンランド行きを果たしたことになっている。

綽名[編集]

綽名の「カルルセフニ(カルルスエヴニ)」は、「男(カルル)」の「素材(エヴニ)」と直訳でき[14]、「男の資質(Makings of a man)」[15]や「とことんの(本当の)男」などと意訳される[14][16]。(ちなみに漫画『ヴィンランド・サガ』では「侠気(おとこぎ?)のトルフィン」の意訳を充てている)。

近代美術[編集]

20世紀初頭、アイスランド人彫刻家であるエイナル・ヨーンソン (Einar Jónsson) の手によるソルフィン・カルルセフニの像がアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアに建てられた。

注釈[編集]

  1. ^ またはソルフィンヌル・カルルスエヴニ(清水訳『赤毛のエイリークルのサガ』(2001)での表記)
  2. ^ 本記事では「-ル」(主格の-r語尾)を外した表記を使用する。
  3. ^ レイヴル・エイリークスソン(清水訳『赤毛のエイリークルのサガ』(2001)での表記)
  4. ^ 「侠気の」は、これは幸村誠の漫画『ヴィンランド・サガ』に掲載される意訳であるが、詳しくは以下、#綽名の節で述べる。英語での意訳や、アイスランド=英語辞書などの定義などの詳細を検証。
  5. ^ 『赤毛のエイリーク』では、ソルフィンの(舅が買った船)、スノッリ・ソルブランドスソン英語版の船、ビャルニ・グリームオールヴスソンとソルハル・ガムラソンの船
  6. ^ 一本足はUniped等と英訳される。参照:スキアポデス
  7. ^ レイヴの町は『グリーンランド人のサガ』のみ(5,7,8章)に登場する
  8. ^ 「熊の島」はマルクランドつまりラブラドルの沖合の島のどれかであるが、ニューファンドランド北端の小さな島がそれに合致するとする

出典[編集]

  1. ^ Magnusson & Pálsson 1965, The Vinland Sagas
  2. ^ ジョーンズ『ヴァイキングの歴史』(1987)(Jones 1989, p. 300)
  3. ^ a b c d 谷口訳『グリーンランドのサガ』(1991)、130頁-; (Magnusson & Pálsson 1965, Grl., ch. 7 (pp.64-67))
  4. ^ 清水訳『赤毛のエイリークルのサガ』(2001)、187-189頁。(Magnusson & Pálsson 1965, Eir., ch. 8 (pp.93-96))
  5. ^ a b 谷口訳『グリーンランドのサガ』(1991)、123頁-; (Magnusson & Pálsson 1965, Grl., ch. 5 (pp.59-61));原典:Storm 1891, p. 60, "Þorvalldr for til Vijn lanz"の章
  6. ^ ジョーンズ『ヴァイキングの歴史』(1987)(Jones 1968, p. 301)、"the author of Eiríks Saga.. having delayed Thorvald Eiriksson's voyage so that we now find him sailing in company with Karlsefni.."
  7. ^ 清水訳『赤毛のエイリークルのサガ』(2001)、197頁; (Magnusson & Pálsson 1965, Eir., ch. 12 (pp.101-103))
  8. ^ ジョーンズ『ヴァイキングの歴史』(1987)(Jones 1968, p. 301)
  9. ^ 谷口訳『グリーンランドのサガ』(1991)、127頁-;Magnusson & Pálsson 1965, Grl., ch. 6
  10. ^ 『赤毛のエイリークのサガ』12章; Eir, ch. 12 (p.102)
  11. ^ Magnusson & Pálsson 1965, pp. 9, 42, 58n
  12. ^ a b Annette, Kolodny (2012). In Search of First Contact: The Vikings of Vinland, the Peoples of. Duke University Press. p. 95. http://books.google.co.jp/books?id=B2qpdOb8o4cC&pg=PA98.  ISBN 0-82-235286-9 13-ISBN 978-0-822-35286-0; によれば、権威であるBirgitta Linderoth Wallaceの見解。ランス・オ・メドーはヴィンランドへの「ゲイトウェー」(足がかり的な基地)と見ている。
  13. ^ a b c Kunz 2000, pp. 628-629地図
  14. ^ a b クリースビー、ヴィグフッソン共編『アイスランド=英語辞典』:Cleasby, Richard; Vigfússon, Guðbrandur (1922). An Icelandic-English Dictionary. J . Bunford Samuel. p. 116. http://books.google.co.jp/books?id=-_owAQAAMAAJ&pg=PA116. "EFNI n. .. β. in a personal sense: manns-efni, a promising young man; karls-efni, a thorough man" 
  15. ^ Magnusson & Pálsson 1965, 序文、p.8
  16. ^ DeCosta, Benjamin Franklin (1901). The pre-Columbian discovery of America, by the Northmen: With Translations from the Icelandic Sagas. J. Munsell's son. p. 122注. //books.google.co.jp/books?id=NjlAAAAAYAAJ. ""Efni" finds its equivalent in the Latin Materia, signifying "Stuff". "Mannsefni" stood for a "promising man," and "Karlsefni" foi a "real " or "sterling " man... indicated that the person to whom it was applied was made of "good stuff"." 

参考文献[編集]

作品の原文・翻訳
その他資料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]