ソルビタン脂肪酸エステル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソルビタンモノエステルの構造式

ソルビタン脂肪酸エステル(ソルビタンしぼうさんエステル)は、ソルビタン脂肪酸エステルで、食品用乳化剤や化粧品・工業用界面活性剤として、単独または他の界面活性剤と配合して用いられる。1945年に米国Atlas社により開発され、日本でも古くから食品添加物として用いられてきた。1996年の資料[1]によると、食品用として年間約1,500トン、食品以外の用途として年間約4,000トンが使われている。ポリソルベートともいう。

種類・用途[編集]

ソルビタンには水酸基が4つあり、それぞれに各種の脂肪酸がエステル結合するため、種類は多様である。一般にやや疎水性の傾向を示し、HLB値はソルビタンモノオレエートの2.0から同モノラウレートの8.6までのものが存在する。

O/W(水中油滴)型乳化として、ソルビタンモノステアレートとソルビタントリステアレートを組み合わせたものが、ショ糖脂肪酸エステルと配合してコーヒーフレッシュに、またレシチングリセリン脂肪酸エステルと配合してホイップクリームに用いられる。

W/O(油中水滴)型乳化としては、マーガリンの水分分離防止や、パン製造時の離型剤としてソルビタンモノステアレートが、バタークリームの離水防止・保型性向上のためソルビタンジエステルや同トリエステルが用いられることがある。消泡剤としてはソルビタントリオレエートやトリエルシネートがプリンミックスや発酵食品佃煮などに用いられる。粉末ココア・粉末カレーなど油脂を含む粉末食品には分散性向上のため、ソルビタンモノラウレートや同モノステアレートが使われることがある。モノステアレートはチューインガムへの付着防止やチョコレートファットブルーム軽減にも有効である。

近年では、フマキラーから『カダンセーフ』、丸和バイオケミカルから『ムシラップ』の名で殺虫殺菌剤として、花王から『スカッシュ』(但し、ポリオキシエチレン樹脂酸エステルも含有)の名で展着剤として販売されており[2]、天然由来のほぼ毒性のない農薬として注目されている。

その他、医薬品や化粧品の添加物としても用いられる。(この場合、成分表示にはポリソルベートと表記する。) また、プラスチック用帯電防止剤や、食器洗浄機用乾燥仕上げ剤としても用いられる。

主なメーカー[編集]

  • 花王 - 商品名は食品用が「エマゾール」、一般用が「レオドール」である。『カダンセーフ』原液も同社が製造している。
  • 理研ビタミン

脚注[編集]

  1. ^ 別冊フードケミカル 乳化剤・安定剤総覧 1996年食品化学新聞社刊
  2. ^ カダンセーフ(フマキラー製品ガイド)
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『食品用乳化剤 -基礎と応用-』戸田義郎・門田則昭・加藤友治編 1997年 光琳