ソルティ・ドッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソルティ・ドッグ
Salty Dog
基本情報
種別 ロングドリンク
ベース ウォッカ
副材料 グレープフルーツ・ジュース、塩
度数 13度[1]
淡黄色
詳細情報
作成技法 ビルド
グラス オールド・ファッションド・グラス
テンプレートを表示

ソルティ・ドッグ (Salty Dog) とは、ウォッカベースのカクテルの一つ。グレープフルーツのさっぱりした口当たりと、グラスの縁の食塩の組み合わせが絶妙であるとして人気が高い。

由来[編集]

1940年代イギリスで生まれたカクテル。「ソルティ・ドッグ」とは「甲板員」を意味するイギリスのスラングで、甲板員が甲板の上で汗だらけ塩だらけになって働く様子から来ている。元々はウォッカではなくジンベースで、ライムジュースを入れる「ソルティ・ドッグ・コリンズ」というカクテルだった。本格的に流行したのは1960年代アメリカから。しかし、同じ英語圏でも、オーストラリアなどでは「ソルティ・ドッグ」という名前ではあまり知られておらず、バーなどで頼むと「塩づけの犬肉」を注文されたと怪訝な顔をされるので注意が必要である。

標準的なレシピ[編集]

  • ウォッカ - 20 ml
  • グレープフルーツ・ジュース - 40 ml
  • 食塩 - 少々
  • レモンの輪切り

作り方[編集]

  1. オールド・ファッションド・グラス[2]の縁をレモンで濡らして食塩をつけ、スノースタイルにする。
  2. そのグラスにをいれ、ウォッカ、グレープフルーツ・ジュースをそそぎ、ステアして完成。

備考[編集]

  • ノンスノー(グラスの縁に食塩をつけない)にするとカクテルの呼称が変わり、「ブルドッグ」「テールレス・ドッグ」または「グレイハウンド」と言う。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ YYT project(編) 『おうちでカクテル』 池田書店2007年2月20日、64頁。ISBN 978-4-262-12918-1
  2. ^ 桑名 伸佐(監修) 『カクテル・パーフェクトブック』 日本文芸社2006年2月25日、127頁。ISBN 978-4-537-20423-0