ソラヤー・エスファンディヤーリー・バフティヤーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソラヤー・エスファンディヤーリー・バフティヤーリー(1953年)

ソラヤー・エスファンディヤーリー・バフティヤーリーペルシア語: ثریا اسفندیاری بختیاری‎; Thorayā Esfandiyārī-Bakhtiyārī; 1932年-2001年)は、イラン最後のシャーであるモハンマド・レザー・パフラヴィーの2度目の王妃。ソラヤとも表記する。

「イスファハーンの薔薇」「緑色の瞳のディーヴァ」「ペルシャのエヴァ・ガードナー」の異名を持つ[要出典]通り、1950年のイラン国王モハンマド・レザー・パフラヴィーとの婚約以来、絶世の美女として知られた[要出典]

1950年に予定されていた結婚式はソラヤーの病により1951年に延期されたが、ソラヤーが病床に伏せっている間、国王は毎朝彼女にジュエリーを贈ったといわれている[誰によって?]

継承者をつくることができず、結婚生活は7年で終わるが、離婚した後は女優活動をし、2001年にパリで死去。