ソムサック・シンチャチャワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソムサック・シンチャチャワン
基本情報
階級 スーパーフェザー級
身長 170cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 1977年7月17日(37歳)
出身地 タイ王国の旗 タイ
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 68
勝ち 60
KO勝ち 44
敗け 4
引き分け 3
無効試合 1
テンプレートを表示

ソムサック・シンチャチャワンSomsak Sithchatchawal、男性、1977年7月17日 - )は、タイプロボクサー。元WBA世界スーパーバンタム級王者。

来歴[編集]

1995年12月8日、プロデビュー。

1996年12月7日、8戦目でIBFインターコンチネンタルスーパーフライ級王座を獲得。

1998年2月18日、ラタナチャイ・ソーウォラピンタイ王国の旗 タイ)と対戦し、判定負け。キャリア初黒星となった。

1998年12月27日、WBF世界スーパーバンタム級王座を獲得。以後、5度の防衛に成功。

2001年6月9日、PABAスーパーバンタム級暫定王座決定戦で池田タカオ日本の旗 日本)と対戦し、7回TKO勝ちで暫定王座を獲得した。タイナコーンラーチャシーマー県ハリ・スアハリヤディインドネシアの旗 インドネシア)に3回KO勝ちし暫定王座の3度目の防衛に成功した2002年3月8日に正規王座に認定され、最終的には暫定王座獲得から通産で21度の防衛に成功した。

2006年3月18日、フランスオー=ド=セーヌ県ルヴァロワ=ペレのパレ・デ・スポール・マルセル・セルダンでWBA世界スーパーバンタム級王者マヤル・モンシプールフランスの旗 フランス)と対戦し、10回2分47秒TKO勝ちで王座を獲得した。この試合はリングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出された。

2006年10月4日、タイナコーンラーチャシーマー県のワット・バーン・ライでWBA世界スーパーバンタム級暫定王者セレスティーノ・カバジェロパナマの旗 パナマ)とWBA世界スーパーバンタム級王座統一戦で対戦し、3回1分48秒TKO負けを喫し王座統一に失敗、カバジェロに正規王座を譲り渡す結果となった。

2007年5月11日、村井勇希日本の旗 日本グリーンツダジム)と対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年3月31日、WBA世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦でプーンサワット・クラティンデーンジムタイ王国の旗 タイ)と対戦し、11回0分34秒TKO負けを喫し、WBA世界スーパーバンタム級王座への挑戦権獲得に失敗した。

2009年6月19日、タイムックダーハーン県で行われたPABAスーパーフェザー級暫定王座決定戦でエディ・コマロインドネシアの旗 インドネシア)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得した。

2009年10月9日、タイソンクラー県のタクシン大学でダンテ・パウリノフィリピンの旗 フィリピン)とのPABAスーパーフェザー級暫定王座の2度目の防衛戦を行い、2回、4回そして11回とソムサックのパンチがクリーンヒットしパウリノからダウンを奪ったかに見えたが、レフリーがいずれもダウンと認めず、1-1(104-105、105-104、105-105)の判定で引分となったが、2度目の防衛に成功した。


獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
池田タカオ
PABAスーパーバンタム級暫定王者

2001年6月9日 - 2002年3月8日

次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
ヨーダムロン・シンワンチャー
第4代PABAスーパーバンタム級王者

2002年3月8日 - 2006年3月(返上)

空位
次タイトル獲得者
プーンサワット・クラティンデーンジム
前王者
マヤル・モンシプール
第25代WBA世界スーパーバンタム級王者

2006年3月18日 - 2006年10月4日

次王者
セレスティーノ・カバジェロ
暫定王座決定戦 対戦者
エディ・コマロ
PABAスーパーフェザー級暫定王者

2009年6月12日 - 2010年1月(返上)

次暫定王者
返上により消滅