ソフリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソフリット: soffritto)は、香味のある素材を調理用油脂で炒めて作られる料理の基礎である。名称は「軽く揚げた」と云う意味。

概要[編集]

基本的なソフリットの素材は、オリーブ・オイルと刻んだタマネギ、そして適宜ではあるが、刻んだニンニクである。地域によってレシピがことなり、オリーブ・オイルの代わりにバターが使われることもあり、その両方が使われることもある。

油を熱してタマネギやニンニクを炒め、次いでその他の素材が追加されるが、その内容は、野菜ニンジンセロリアーティチョークなど)、キノコプロシュットマグロオリーブなど、極めて多岐にわたる。しかし、通常こうした素材の風味が食事に加わると考えられているから、その選び方が自由に行なわれることはない。香味のある素材を炒めることで素材のうまみが引き出され、素材の香りが油脂に溶け出す効果がある。

ソフリットはパスタソーススープリゾットなど様々な料理に用いられる。

フランス料理ミルポワ(Mirepoix)、スペイン語圏のソフリート(sofrito)、ポルトガル語圏レフォガード(refogado)と共通する料理法である。