ソフトポルノ・アドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソフトポルノ・アドベンチャー(Softporn Adventure)は、1981年シエラオンラインから発売されたアダルトゲーム

概要[編集]

米シエラオンライン社から1981年にApple II 用で発売されたテキストアドベンチャー。商品化されたアダルトゲームでは世界初である。

元はフリーのプログラマーが作成したプログラムを、シエラオンラインに持ち込んだもの。他のどのソフトメーカーに持って行っても相手にされなかったが、同社のケン・ウィリアムズは、このソフトが気に入り、また、ちょうどその頃、同社で制作していたアドベンチャーゲームの「タイムゾーン」がプロジェクト的に行き詰まっていて、経営にも支障をきたしていたことから、その穴埋めとして、急遽このプログラムを買い取り商品化することとなった。商品化の際に手を加えたのは「メッセージを多少柔らかめにする」だけである。

このゲームは、本屋でエロ本だけを買うのが恥ずかしい客が、関係ない本とサンドイッチにしてレジに持って行くかのように、他のソフトとセットにして買う客が出たほか、販売店も、このソフトだけを仕入れるのが気が引けるため、他のソフトとセットで仕入れたりと、思わぬ波及効果で売り上げに貢献するソフトとなった。

同社はその後、教育用ソフトなども手がけるメーカーとなったため、このソフトはいわば同社の黒歴史となり、このソフトの存在を表に出さないようにした。そのためソフトの現存数も少なく、コレクター間でも入手が困難な、非常にレアなソフトとなっている。

ゲームの内容[編集]

コマンド入力形式のアドベンチャーゲーム。テキストのみで絵は表示されない。独身の主人公が三人の女性を口説いて性交渉を営む内容。

性病にかからないようにコンドームを買ったり、「あなたと結婚する」と言って聞かない相手を説得してベッドに連れ込んだりと、想像力を掻き立てないと、なかなかゲームが進まない作りとなっている。

関連項目[編集]

OSAWARI
ESDラボラトリが発売した、Apple II 用の初期のアダルトソフト。デジタイザで取り込んだ女性の裸体が表示され、専用の音声合成ボードを挿していると、女性の声も出るようになっている。
ナイトライフ
光栄が発売した、日本初のアダルトソフト。ただし内容は夫婦の性生活をエスコートするユーティリティで、わいせつ目的のソフトではない。

トリビア[編集]

ソフトポルノの広告写真を撮影するために、三人の女性をトップレスにして浴槽に入れてポーズを取らせたが、その三人は、会社の会計士と、社員の妻と、そしてケンの妻のロバータ・ウィリアムズ自身である。

このソフトが販売されるやいなや、抗議文やら聖書の引用やらが大量に送られてくるようになり、また様々な雑誌でも取り上げられ波紋が広がったが、ケンは「それもいい宣伝になる」と喜んだという。

参考文献[編集]