ソフィー・ネリッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソフィー・ネリッセ
Sophie Nélisse
本名 マリー=ソフィー・ネリッセ
生年月日 2000年3月27日(14歳)
出生地 カナダの旗 カナダオンタリオ州ウィンザー
主な作品
ぼくたちのムッシュ・ラザール
やさしい本泥棒

マリー=ソフィー・ネリッセ(Marie-Sophie Nélisse 2000年3月27日 - )は、カナダ女優

経歴[編集]

カナダのオンタリオ州ウィンザーで教師の娘として2000年3月に誕生する[1]フランス系カナダ人の流れをくむ。兄、ならびに女優としても活躍する妹イザベル・ネリッセがいる[1][2]。4歳の頃、家族とともに同国ケベック州モントリオールに移る[1]。兄が演技に興味を抱き始めたころ、母親はタレント・エージェントに3人の兄弟姉妹全員を連れて行った。それから、彼女はクリエイティブ・アーティスト・エージェンシーにみいだされ、のち、コマーシャル出演の仕事を得る[2]

役者デビューは、小学生アリス役でアルジェリア人の小学校教師バシール・ラザール役 (俳優ムハンマド・フェラグ)とともに出演する数々の賞を受賞した2011年に公開されたドラマ映画『ぼくたちのムッシュ・ラザール』。この役によってジニー賞ならびにジュトラ賞最優秀助演女優賞を授与され、2013年度ヤングアーティスト賞最優秀主演若手女優賞(国際長編映画部門 )で候補となる[1]。Marie Gélinas役で2012年の映画『Ésimésac』に出演したのち、作家マークース・ズーサックの同名小説を原作とする映画『やさしい本泥棒』の主役リーゼルのキャスティングに参加、役柄を勝ち取る、共演者にはジェフリー・ラッシュエミリー・ワトソン等。映画の中で第二次世界大戦期のナチス・ドイツで9歳の女の子リーゼルを演じる。フェニックス映画批評家協会賞サテライト賞新人賞、放送映画批評家協会賞若手女優賞等ノミネートを含む数々の賞を授与された。作家キャサリン・パターソンの同名小説を原作の伝記ドラマ映画『ガラスの家族』(The Great Gilly Hopkins)でキャシー・ベイツとともに出演、ギリー・ホプキンス役を演じる[3]

出演作品[編集]

作品 役名 備考
2011年 ぼくたちのムッシュ・ラザール
Monsieur Lazhar
アリス
2013年 やさしい本泥棒
The Book Thief- Die Bücherdiebin
リーゼル
2014年 Pawn Sacrifice 若いころのジョーン・フィッシャー
2014年 The Great Gilly Hopkins ギリー・ホプキンス

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Sophie Nélisse Bio”. Tribute.ca. 2014年2月7日閲覧。
  2. ^ a b Cassandra Szklarski (2012年3月6日). “Sophie Nelisse of 'Monsieur Lazhar' takes Genie nomination in stride”. StAlbertGazette.com. 2014年2月7日閲覧。
  3. ^ Nancy Tartaglione (2014年2月6日). “Berlin Briefs: Sophie Nélisse To Play ‘Gilly Hopkins’; More”. Deadline.com. 2014年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]