ソフィテル・センタラ・グランド・バンコク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Central Sofitel Bangkok.JPG

ソフィテル センタラ グランド バンコク (Sofitel Centara Grand Bangkok) は、タイ首都であるバンコクチャトゥチャック区にある高級ホテル

歴史[編集]

1982年開業。

旧名称はソフィテル セントラルプラザ バンコクで、同ホテルを経営するタイ企業セントラル・グループのセントラル・ホテルズ&リゾーツが名称をセンタラ・ホテルズ&リゾーツに変更したことにより、2007年6月19日に現名称に変更した。

運営はアコーホテルズで、アコーホテルズ運営前の名称はセントラル・ハイアット・ホテル(ブランドは「ハイアットリージェンシー」と思われる)だった。

特徴[編集]

ホテルの近くに大型コンベンションセンターがあることもあり、ビジネス目的での宿泊客の割合が圧倒的に高い。

高速道路の出入口に近く、バンコク・メトロパホンヨーティン駅から徒歩約10分の所に位置するため交通アクセスはいいが、市街へは遠い。ただ、観光客に人気の高いウィークエンドマーケットの最寄り駅であるカムペーンペット駅へは、約5分の乗車時間で行くことができる。駅の目の前がウィークエンドマーケットである。ホテルのシャトルバスを利用してウィークエンドマーケットに行くことも可能である。

客室は一番下のグレードであるスーペリアで約33.5平方メートルである。

607室。

設備[編集]

など

関連項目[編集]

  • アコーホテルズ

外部リンク[編集]