ソノーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソノーニョ(Sonogno)はスイスティチーノ州の南アルプスの標高千メートルの高地にある基礎自治体 ( コムーニ )。北緯46度21分、東経8度47分、標高919m、面積37.6km²、人口は僅か100人足らず。

交通が発達しておらず、ロカルノの町のみを経由して行くことができる。村の脇にはベルザスカ川が流れており、下ってマジョーレ湖へと注ぐ。スイスは多言語国家であり、その大部分はドイツ語によって占められているが、ティチーノ地方は数少ないイタリア語圏内である。その村の美しさはアニメロミオの青い空」によって世間の知るところとなった。実際は同作に登場したものに比べ、家が小さく、教会の形や位置も異なる他、現在は多くの家が廃屋になっており多少趣が異なる。

現在は観光地になっており、ロカルノから直通のバスが出ている。