ソヌ・シャムダサーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソヌ・シャムダサーニ(Sonu Shamdasani, 1962年 - )はロンドンを本拠とする著述家、編集者、Wellcome Trust Centre for the History of Medicineの教授である。彼の研究は、19世紀中盤から現代に至るまでの精神医学心理学の歴史である。

2003年に、彼はスティーブン・マーティンとフィレモン・ファウンデーションを設立した。マーティンはここでは監修者の立場である。2009年、彼はおよそ1914年から1930年にかけてカール・ユングが記し、待望されていた『赤の書』を編集・刊行した[1]

学識[編集]

彼は1984年にでブリストル大学の文学士の学位をとった。次いで科学と薬の歴史でユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンでの理学修士の学位をとり、WIHM/UCLから科学と薬の歴史でPh.D.を取得した(1996年)。

2009年12月12日のTimes of India誌のインタビューで、彼は簡潔な個人的伝記を示した。

私はシンド人です。私はシンガポールに生まれ、イギリスで育ちました。私がはじめてユングの著作に出会った時、私はティーンであり、グルを捜し求め、インドを旅していました。私が最初に出くわした彼の著作は、『黄金の華の秘密』のコメンタリーでした。そしてこれは心理学への最初の手引きでもありました。そのとき、私はそのテキストが、東洋の神秘主義と西洋の合理性を調停する可能性を期待させるものだと見なしました。さらなる学びの後、私は現代の心理学と精神療法が混乱していると考え、どのようにしてこの状態まで至ったのかを理解することを欲しました。これが、心理学の歴史研究に私を導きました[2]

主な著作[編集]

  • Cult Fictions: C. G. Jung and the Founding of Analytical Psychology (London: Routledge, 1998).
リチャード・ノルのユング批判書『ユング・カルト』に反論する内容。
  • Jung and the Making of Modern Psychology: The Dream of a Science (Cambridge: Cambridge University Press, 2003).
  • Jung Stripped Bare by his Biographers, Even (London: Karnac Books, 2004).
  • (With Mikkel Borch-Jacobsen) Le Dossier Freud. Enquête sur l’histoire de la psychanalyse (Paris: Les empêcheurs de penser en rond/Le Seuil, 2006).
  • C. G. Jung, Seminar series, The psychology of Kundalini Yoga, Bollingen Series, Princeton (New Jersey/London: Princeton University Press/Routledge, 1996).
  • Jung, Carl Gustav, The Red Book. Liber Novus (Philemon Series & W.W. Norton & Co., 2009).
『赤の書』の翻訳。英語版、ドイツ語版、日本語版があるほか、他の言語でも出版される。日本語版は創元社から刊行されている。

脚注[編集]

  1. ^ The Holy Grail of the Unconscious New York Times, September 16, 2009."a London-based historian named Sonu Shamdasani, who serves as the foundation’s general editor"
  2. ^ Autobiography of a soul

外部リンク[編集]