ソニー・ラブ=タンシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニー・ラブ=タンシ
Sony Labou=Tansi
誕生 1947年7月5日
ベルギー領コンゴ キンワザ
死没 1995年6月14日(満47歳没)
職業 小説家劇作家
代表作 『一つ半の生命』
主な受賞歴 仏語圏フェスティヴァル特別賞、ブラック・アフリカ文学大賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ソニー・ラブ=タンシSony Labou=Tansi、1947年7月5日 - 1995年6月14日) は、コンゴ共和国小説家劇作家。本名マルセル・ソニー(Marcel Sony)。『一つ半の生命』で世界的に注目される。

経歴[編集]

ベルギー領コンゴキンワザに生まれる。ブラザヴィルポワントノワールで教育を受け、英語フランス語の教師や、科学研究省に勤める。1979年にフランス語で書いた小説『一つ半の生命』で注目され、第1回仏語圏フェスティヴァル特別賞を受賞。その後『恥ずべき状態』などの小説を執筆し、1983年『反人民』でブラック・アフリカ文学大賞受賞。またロカド・ズールー劇団を主宰し、『心臓の署名者』『血の括弧』などの劇を執筆。1995年にエイズのためブラザウィルで死去。

作品[編集]

『一つ半の生命』は、アフリカのカタマラナジー国という架空の国を舞台に、独裁者ゾンビなどといった奇怪な人物達による、国が滅亡するまでを描く神話的な作品。その序文では「絶望の不条理」について語ったものとされ、フランス語としては破格の文法、時制や単語が用いられ、発表後に『ル・マタンフランス語版英語版』紙などで注目された。

著作[編集]

小説[編集]

  • 『一つ半の生命』La Vie et Demie, 1979年(樋口裕一訳、新評論、1992年)
  • La Parenthèse de sang, 1981年
  • 『恥ずべき状態』L'État honteux, 1981年
  • 『反人民』L'anté-peuple, 1983年
  • 『ロルサ・ロペスの七つの孤独』Les Sept Solitudes de Lorsa Lopez, 1985年
  • 『火山の目』Les Yeux du volcan, 1988年
  • Le Coup de vieux, 1988年
  • 『苦悩の始まり』Le Commencement des douleurs, 1995年(樋口裕一・北川正訳、新評論、2000年)
  • L'Autre Monde', 1997年

戯曲[編集]

  • Moi, veuve de l'empire, 1987年
  • Qui a mangé madame d'Avoine Bergotha, 1989年
  • La Résurrection rouge et blanche de Roméo et Juliette, 1990年
  • Une chouette petite vie bien osée, 1992年
  • Théâtre complet, 1995年
  • Antoine m'a vendu son destin, 1997年

[編集]

  • Poèmes et vents lisses, 1995年