ソニータイマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソニータイマー(Sony timer, Sony kill switch)とは、「ソニー製品はメーカー保証期間終了直後に故障が頻発する」という噂から生まれた、「ソニーはその高い技術力を使い、決まった時期に故障が起こるよう精密に製品寿命をコントロールしている」という都市伝説。海外製品との競争がもっとも熾烈だった1970年代後半から多用されるようになったといわれる。こうした「仕込み」は、シェアを独占しているメーカーでない限り、消費者にマイナスイメージを植えつけて他社製品への乗換えを促してしまうため、意図的に仕込むことはありえないと言われている[1]

ソニーによる言及[編集]

  • 2006年平成18年)6月16日に開かれたジェネシス・ジャパンのユーザカンファレンス「G-Force Japan 2006」において、ソニーのVAIO向けコンタクトセンター構築担当者が「不当にソニーの商品イメージが悪いこと」として「“買ってから1年1カ月で壊れるソニータイマー”など埋め込まれているわけがない。だが、こうしたイメージはなぜか根強く残っている。マーケティング、アフターサポート、製品開発部門を連携させて、とにかくイメージアップを図りたい」との発言を行った[2]
  • 2007年(平成19年)6月21日に開かれた株主総会において、ソニー製品が一定期間経過後に壊れやすいという批判が根強いことに関連して、当時の社長・中鉢良治は、「品質、価格、供給の3点のバランスがたまたま崩れ、迷惑を掛けることはある。『ソニータイマー』と言われていることは認識している」と述べた。そのうえで現在は、品質担当役員の任命や不良品の出荷防止などを通じて「最終品質保証のために全力を挙げている」と述べ、理解を求めた[3]

マスコミでの言及[編集]

ここ20年間にわたり、ソニーは日本で「ソニータイマー」という都市伝説に悩まされてきた。それにしても、保証期間が切れた直後に製品を故障させるという時限爆弾は本当にあるのだろうか? 多くの日本人はあると純粋に信じている。

ソニーの不良バッテリを組み込んだ410万台以上のDell製ノートPCが2006年にリコールされた件は、何十年にもわたって囁かれていた噂を一躍広める事になった。1980年から2006年にかけて、日本のギークと技術オタクたちはソニータイマーの存在を冗談のネタにし、皮肉めいた漫画を作ってはオンライン掲示板で鬱憤を晴らしていた。しかしDellのリコールによってその都市伝説は世間に知られるようになり、ソニー製品の不良に怒った人々はこれぞソニーを叩く好材料とばかりに飛びついた。

Hunter Skipworth (Telegraph.co.uk)

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]