ソニーオプティアーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソニーオプティアーク株式会社
Sony Optiarc Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
243-0021
神奈川県厚木市岡田4-16-1
ソニー株式会社 厚木第2テクノロジーセンター内
設立 2006年4月3日
業種 電気機器
事業内容 光ディスクドライブ製品の開発・設計・製造・マーケティング・販売
代表者 山村真一
資本金 14億9千万円
従業員数 317名(2008年12月現在)
外部リンク www.sony-optiarc.com
テンプレートを表示
ソニーオプティアーク製DVDハイパーマルチドライブのAD-7240S。

ソニーオプティアーク株式会社 (Sony Optiarc Inc.) は、コンピュータ向けの光学ドライブを製造する企業。ソニーのグループ会社で、ソニー株式会社が全額出資する。

概要[編集]

2004年より台湾のLite-Onと共同で光学ドライブを開発していたソニーが、Lite-Onとの開発をやめ、2006年4月3日日本電気と共同出資して「ソニーNECオプティアーク株式会社」を立ち上げた。2008年12月5日に日本電気の保有する45%の株式をソニーが買収する形でソニーの完全子会社となり、現在の社名になった。

CD-ROMドライブからブルーレイドライブまで、一般に普及している様々な光学ドライブを製造しており、ドライブ形状もデスクトップ向け、ノート向け両方を得意とする。 ソニーのPCであるVAIOBDレコーダーBDZシリーズ)のブルーレイドライブ部分に供給している他にPCメーカーや外付けドライブメーカー等へのOEM提供のほか、バルクドライブとして店頭に並ぶ事も多く、パイオニア日立LGデータストレージパナソニック等と共にスタンダードな地位を確立している。

2012年8月25日、親会社であるソニーがPC用光ディスクドライブ事業から撤退する方針を固め、ソニーオプティアークの業務を来年3月に終了する予定であると一部で報じられた[1]

オフィシャルサイトにもその旨が掲示されており、サイト自体も2013年3月31日をもって閉鎖することが予告されている。

製品[編集]

従来のATAPIインターフェースに代わりSATAインターフェースのモデルが登場したことから、近年のモデルではATAPIモデルには型番の末尾にAが、S-ATAモデルには末尾にS、Hが付加される。

CDドライブ[編集]

  • CD-ROM
    • CDU5225
  • CD-RW
    • CRX230EE

DVDドライブ[編集]

  • DVD-ROM (Combo)
    • CRX320EE
    • CRX880 - スリムタイプ
    • CRX880A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • CRX890 - スリムタイプ
    • CRX890A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • CRX890S - スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • DDU1615/1615A/1671/1671S/1675/1675A/1675S/1678A/1681S
  • DVD-RW Writer
    • AW-G170/G170A/G170S/Q170/Q170A
    • AW-G540 - スリムタイプ
    • AW-G540A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • AD-5170/AD-5170A/AD-5170S
    • AD-7170/7170A/7170S/7190/7190A/7190S/7191A/7191S
    • AD-7200/7200A/7200S/7201A/7201S/7220A/7220S/7240S/7260S/7280S
    • AD-5540A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • AD-7540/7590 - スリムタイプ
    • AD-7560A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • AD-7580A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • AD-7590A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • AD-7590S - スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • AD-7630A -スリムタイプ(ATAPI/スロットインタイプ)
    • AD-7640A -スリムタイプ(ATAPI/スロットインタイプ)
    • AD-7670S -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)
    • AD-7690H -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)
    • AD-7693H -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)、Labelflash対応
    • AD-7700S -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • AD-7703S -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)、Labelflash対応
    • AD-7710H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • AD-7713H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)、Labelflash対応
    • AD-7740H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • AD-7760H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • AD-7800H -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)
    • AD-7930H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)、9.5mm厚

Blu-rayドライブ[編集]

  • BD-ROM
    • BR-5100/5100S
  • BD-ROM (Combo)
    • BC-5100/5100S
    • BC-5500 - スリムタイプ
    • BC-5500A - スリムタイプ(ATAPI/トレイ式ドライブ)
    • BC-5500S -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • BC-5600 - スリムタイプ, スロットローディング
    • BC-5600S -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)
    • BC-5540H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • BC-5550H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • BC-5640H -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)
    • BC-5650H -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)
  • Blu-ray Writer
    • BD-5300S
    • BD-5740H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • BD-5750H -スリムタイプ(S-ATA/トレイ式ドライブ)
    • BD-5850H -スリムタイプ(S-ATA/スロットインタイプ)

沿革[編集]

  • 2006年 - ソニーと日本電気との合弁により、ソニーNECオプティアークを設立
  • 2008年 - 合弁解消により、ソニーオプティアークと社名変更
  • 2012年度内(予定) - 前年8月下旬の公式発表により年度内いっぱいで営業終了、休眠・会社解散へ。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]