ソナタとインターリュード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソナタとインターリュード』(Sonatas and Interludes )は、アメリカの作曲家ジョン・ケージ1946年2月から1948年3月にかけて作曲した、プリペアド・ピアノのための楽曲。ケージの友人であり初演者であるマロ・アジェミアン(Maro Ajemian、1921年 - 1978年)に献呈されている。

演奏時間[編集]

70分

ピアノのプリパレーション[編集]

グランドピアノの88音のうち45音にプリパレーションが施されている。使用する「材料」は以下の通りで、単独、または複数を組み合わせて使用する。


1音ごとに取り付ける材料、取り付ける弦、取り付け位置(ダンパーからの距離)は細かく指定されており、例えば中央「ハ」音の場合、

  • 左と真ん中の弦の、ダンパーから14.1/2インチ(約17.9cm)のところにボルト
  • 真ん中と右の弦の、ダンパーから7/8インチ(約2.2cm)のところにボルト
  • 3本の弦の、6.1/2インチ(約7.7cm)のところにゴム

を取り付ける。

構成[編集]

16曲の「ソナタ」と4曲の「インターリュード」の全20曲から成っており、全体はシンメトリカルに構成されている。ソナタ14と15は2曲で1セットになっており、"Gemini - after the work of Richard Lippold "という副題がつけられている[1]

  • ソナタ 1 - 2 - 3 - 4、第1インターリュード、ソナタ 5 - 6 - 7 - 8
  • 第2インターリュード、第3インターリュード
  • ソナタ 9 - 10 - 11 - 12、第4インターリュード、ソナタ 13 - 14 & 15 - 16

ソナタは9-11の3曲を除き2部形式で、||: A :||||: B :|| の構造になっている。

脚注[編集]

  1. ^ Richard Lippold (1915年 - 2002年)はアメリカの彫刻家。

参考文献[編集]

  • Peters社の楽譜