ソトオリイワシ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソトオリイワシ科
Neoscopelus macrolepidotus.jpg
ソトオリイワシ Neoscopelus macrolepidotus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : ハダカイワシ上目 Scopelomorpha
: ハダカイワシ目 Myctophiformes
: ソトオリイワシ科 Neoscopelidae
英名
Blackchins
下位分類
本文参照

ソトオリイワシ科学名Neoscopelidae)は、ハダカイワシ目に所属する魚類の分類群の一つ。ソトオリイワシサンゴイワシなど中層遊泳性の深海魚を中心に3属6種が記載される[1]

分布・生態[編集]

ソトオリイワシ科の魚類はすべて海水魚で、太平洋インド洋大西洋など世界中の海に幅広く分布する[1]深海の中層で生活する遊泳性深海魚のグループである一方で、主に大陸斜面の上部に分布するなど、海底にも関連した生活様式をもつとみられている[2]。本科はハダカイワシ目を構成する二つのの一つであるが、近縁のハダカイワシ科とは異なり日周鉛直移動は行わず、その生態についてはよくわかっていない[2]

所属する6種のうちソトオリイワシ・サンゴイワシ・クロゴイワシの3種は、三大洋すべてに分布する汎存種である[2]。前2種は主に中深層(200-1,000m)に、クロゴイワシは水深1,000m以深の漸深層に生息する[2]シチゴイワシとクロゴイワシ属の1種(Scopelengys clarkei)はインド太平洋から知られ[2]Solivomer arenidensフィリピン近海から報告されているのみの非常に稀なである[1]

形態[編集]

ソトオリイワシ科の仲間は左右に平たく側扁した、イワシに似た体型をもつ[1]。近縁のハダカイワシ科の多くは10cm未満の小型種である一方で、本科は体長20cm程度にまで成長し、最大種のサンゴイワシは30cmに達する[2]。ソトオリイワシ属のみ腹部に発光器をもち、クロゴイワシ属は浮き袋を欠く[1]Solivomer 属のみ櫛鱗で、他の2属は円鱗[1]

背鰭・臀鰭に棘条をもたず、それぞれ11-13本・11-14本の軟条で構成される種類が多い[2]。臀鰭の前端は背鰭の後端から離れた位置に起始し、両者が近接するハダカイワシ科との明瞭な鑑別点となっている[1]

主上顎骨に骨性の突起をもち、細長い上主上顎骨が存在する[1]。眼下骨の棚状構造を欠く[1]椎骨は29-35個[1]

分類[編集]

ソトオリイワシ科にはNelson(2006)の体系において3属6種が認められている[1]

サンゴイワシ Neoscopelus microchir (ソトオリイワシ属)。水深300-500mに生息し、腹部に1-4列の発光器をもつ[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.223-224
  2. ^ a b c d e f g Neoscopelidae”. FishBase. 2011年7月31日閲覧。
  3. ^ 『深海魚 暗黒街のモンスターたち』 p.44

参考文献[編集]

外部リンク[編集]