ソッパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソッパスソクパスとは靴下用のクリップのことである。

新品の靴下を購入した際、爪先とゴム口の二ヶ所に一足一組で靴下をまとめるために付いている。一時的なものであるため、もろく、使い捨てである。

これの取り付けは手作業で行われている。

名称は、ひろげた形がコンパスに似ていることから、ソックス+コンパスでソッパス及びソクパスと命名された。

これそのもののバラ売りはされていない。値打としておよそ40銭前後である。

形状[編集]

形状は関東では関西では四角のものがよく使われているといわれる。

また、簡単なデザインを用いたものも存在するが、使い捨てである場合がほとんどであるため余計なコストがかかるので、目にかける機会は少ない。

おもに材質はアルミだが、金具ではなく紙製のもので代用される場合もある。