ソット・チタラダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソット・チタラダ
基本情報
階級 フライ級
身長 165cm
リーチ 173cm
国籍 タイの旗 タイ
誕生日 1962年5月5日(51歳)
出身地 タイの旗 タイチョンブリー県
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 26
KO勝ち 16
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

ソット・チタラダ(Sot Chitalada、男性、1962年5月5日 - )は、タイ王国プロボクサーチョンブリー県出身。元WBC世界フライ級王者。タイ王国では少数派のムスリム初の世界王者でもある。

来歴[編集]

プロボクシング転向前はムエタイ王者としての経歴を持つ。

1982年12月5日、プロボクシングデビュー。

1984年3月31日、5戦目で世界初挑戦。敵地でWBC世界ライトフライ級王者張正九韓国)に挑むが、12回判定負けで王座獲得ならず。

1984年10月8日、8戦目で世界再挑戦。1階級上のWBC世界フライ級王者ガブリエル・ベルナルメキシコ)に挑み、12回判定勝ちで王座獲得。その後、6度の防衛に成功(1988年1月31日、6度目の防衛戦は自身唯一の日本での試合。大阪城ホール神代英明グリーンツダジム)と対戦し、8回TKO勝ちを収めている)。ちなみにこの試合は、WBC世界ストロー級王者井岡弘樹(グリーンツダジム)の初防衛戦も行われ日本で初めてのダブル世界タイトルマッチとなった。

1988年7月4日、7度目の防衛戦で無敗の挑戦者・金容江韓国)と対戦し、12回判定負けで王座陥落。

1989年6月3日、雪辱・王座返り咲きを懸け金と再戦。12回判定勝ちを収め、雪辱・王座返り咲きに成功。その後、4度の防衛に成功(1990年11月24日の4度目の防衛戦では6年前に世界初挑戦を退けた張と再戦し、12回判定勝ちで雪辱に成功)。

1991年2月15日、5度目の防衛戦でムアンチャイ・キティカセムとの同国人対決を6回TKOで落とし、2度目の世界王座陥落。

1992年2月28日、雪辱・2度目の世界王座返り咲きを期し、キティカセムと再戦したが、9回TKO負けで雪辱ならず。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

  • 第25代WBC世界フライ級王座(防衛6度)
  • 第27代WBC世界フライ級王座(防衛4度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ガブリエル・ベルナル
第25代WBC世界フライ級王者

1985年10月8日 - 1988年7月24日

次王者
金容江
前王者
金容江
第27代WBC世界フライ級王者

1989年6月3日 - 1991年2月15日

次王者
ムアンチャイ・キティカセム