ソシエダード・キミカ・イ・ミネラ・デ・チリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソシエダード・キミカ・イ・ミネラ・デ・チリ
Sociedad Química y Minera de Chile
種類 公開会社
市場情報 NYSESQM
本社所在地 チリの旗 チリ
サンティアゴ
設立 1968年
業種 化学
事業内容 肥料など化学製品の製造、リチウムの採掘など
外部リンク http://www.sqm.com/
テンプレートを表示

ソシエダード・キミカ・イ・ミネラ・デ・チリ[1](直訳すればチリ鉱業化学会社[1]Sociedad Química y Minera de Chile、SQM)は、チリサンティアゴに本社を置く化学メーカーである。チリを代表する化学メーカーであり、ヨウ素リチウムの生産を行っている。

SQMが生産している化学製品の原料の多くが、アタカマ砂漠によって産出されている。

歴史[編集]

SQMが誕生したのは1968年のことである。創設初期の頃はチリを構成する各州と私企業であるCompañía Nitratera Anglo Lautaro S.A.が株主であったが、その後、SQMは国営化された経験を持つ。

1983年より5カ年計画で民営化が実施され、1988年に達成された。1997年より、アタカマ塩湖において、炭酸リチウムの生産が開始された[2]。SQMが生産するリチウムは、リチウムイオン電池電極に使用されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日経ヴェリタス 第78号(2009年9月6日~12日) p.2
  2. ^ SQMホームページ・About SQM history 2009/10/4閲覧