ソガ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソガ語
Lusoga
話される国 ウガンダの旗 ウガンダ
地域 主にブソガ地域
話者数 245万人(2002年調査、ケニィ語を含む)
300万人(2007年)
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
統制機関 Lusoga Language Authority
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 xog
テンプレートを表示

ソガ語(ソガご、ソガ語: Lusoga、: Soga language、Lusoga、Olusoga)は、バントゥー語群に属する言語である。ウガンダ南東部のブソガに居住するソガ族の人々によって話されている言語である。話者数は約300万人で、ウガンダでは英語スワヒリ語ガンダ語についで話者が多い。 言語学的分類でケニィ語(Kenyi)と近い関係にある(語彙の類似度81%)。

言語名別称としてルソガ(Lusoga)またはルソガ語と表記される。ソガ語は声調言語である。

方言[編集]

  • Tenga (xog-ten)
  • Lamogi (xog-lam)
  • Gabula (xog-gab)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]