ソウル・II・ソウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソウルIIソウルから転送)
移動: 案内検索
SOUL II SOUL
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド ロンドン
活動期間 1988年–1997年
レーベル ヴァージン・レコード
共同作業者 屋敷豪太
公式サイト http://www.soul2soul.co.uk/
メンバー
ジャジー・B
キャロン・ウィーラー
ネリー・フーパー
サイモン・ロウ
フィリップ・ダディ・ハーヴェイ

Soul II Soul(ソウル・トゥ・ソウル)は、イギリスロンドンにて、DJ ジャジー・B(Jazzie B)が運営するサウンド・システムを母体にして結成された音楽グループ。日本ではグラウンド・ビートとして、カテゴリーに分類されている。ソウルファンクハウスヒップホップダブをモチーフにした斬新な音楽性のみならず、ドレッド・ヘアを頭上で結わえたジャジー・Bの髪型も話題になった。また、それらの音楽やファッションは、ファンキー・ドレッドと呼ばれた。[1][2]


略歴[編集]

1988年、ロンドンのサウンド・システム「Soul II Soul」に、ブリストルで活動していたサウンド・システム「Wild Bunch(マッシヴ・アタックの前身)」のネリー・フーパーエルヴィス・コステロザ・ジャムのバック・ボーカル・グループ「Afrodiziak」のキャロン・ウィーラーが参加。1989年にリリースしたシングル「Keep On Movin'」が、全英チャート5位(Music Week)、全米チャート11位(ビルボードHot100)を記録する。続いてリリースされたシングル「Back To Life(However Do You Want Me)」は、映画『ブラック・レイン』のサウンドトラックにも収録され、全英チャート1位(Music Week)、全米チャート4位(ビルボードHot100)を記録するヒットとなった。2曲共に屋敷豪太がプログラミング、ベース等で参加している。(「Keep On Movin'」のみクレジット表記。) また、同曲を収録したアルバム『Club Classics Vol.One』は、全英チャート1位を記録した。1990年にリリースされた2ndアルバム『Vol.II 1990 A New Decade』も、前作に続き全英チャート1位を記録。シングルカットされた「Get a Life」は、全英チャート1位(NME)、「A Dream's a Dream」は、全英チャート6位(Music Week)を記録した。1990年に「Back To Life(However Do You Want Me)」でグラミー賞ベストR&Bグループを、「African Dance」でグラミー賞ベストR&Bインストゥルメンタルを受賞している。

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Club Classics Vol.One (1989年)
  • Vol.II 1990 A New Decade (1990年)
  • Just Right Vol. III (1992年)
  • The Classic Singles 88-93 Vol.IV (1993年)
  • Believe Volume.V (1995年)
  • Time for Change (1997年)

参考文献[編集]

  • アルバム「Keep On Movin'」東芝EMI・日本盤ライナーノーツ
  • アルバム「SOUL II SOUL Volume IV」東芝EMI・日本盤ライナーノーツ
  • 「The Wild Bunch - The Story Of A Sound Sytem」

出典[編集]

  1. ^ 「Black Radio Exclusive」誌 1989年6月9日号
  2. ^ アルバム「Keep On Movin'」東芝EMI・日本盤ライナーノーツ