ゼブラウツボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼブラウツボ
Gymnomuraena zebra by NPS.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ウナギ目 Anguilliformes
: ウツボ科 Muraenidae
亜科 : ウツボ亜科 Muraeninae
: ゼブラウツボ属 Gymnomuraena
: ゼブラウツボ G. zebra
学名
Gymnomuraena zebra
(Shaw, 1797)

ゼブラウツボ (Gymnomuraena zebra) はウツボの一種。ゼブラウツボ属に分類されるウツボはこの一種のみ。ウツボ亜科で最も早く分岐した種であると考えられる[1]

分布[編集]

インド洋太平洋の熱帯・亜熱帯域に分布する[2]。日本付近では、太平洋全域や琉球列島で見ることができる。

形態[編集]

一般的には全長50 cm程度だが、最大で150 cmになる。吻端は丸い[2]。ウツボには珍しく、貝類など硬い餌を砕くために特殊化した歯を持つ。アラシウツボ属のウツボもこのような歯を持つが、これは平行進化の結果だと考えられている[1]

頭から尾にかけて細い横帯が多数あり、シマウマの様な模様からこう呼ばれる。ウミヘビと間違われることも多いがこちらには毒が無い。

生態[編集]

水深50 m以浅の岩礁・砂底に生息し、岩の隙間に潜む。餌は主にカニ類だが、他の甲殻類・ウニ・貝なども食べる。おそらく雌性先熟性の雌雄同体である[2]。吻端が丸いのはこの食性に関係している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Reece JS, Bowen BW, Smith DG, Larson A. (2010). “Molecular phylogenetics of moray eels (Muraenidae) demonstrates multiple origins of a shell-crushing jaw (Gymnomuraena, Echidna) and multiple colonizations of the Atlantic Ocean.”. Mol Phyl. Evol. 57 (2): 829-835. doi:10.1016/j.ympev.2010.07.013. 
  2. ^ a b c Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2006). "Gymnomuraena zebra" in FishBase. April 2006 version.