セーデルマンランド級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Södermanland.jpg
海上を航行するHMS セーデルマンランド
概要
建造: コックムス
運用:  スウェーデン海軍
前級 : ネッケン級
次級: ゴトランド級
完工: 2隻
現役: HMS セーデルマンランド
HMS エステルイェトランド
仕様諸元
排水量 潜航時: 1,500 t (1,500 LT; 1,700 ST)
全長: 60.5 m (198 ft 6 in)
全幅: 6.1 m (20 ft 0 in)
喫水: 5.6 m (18 ft 4 in)
機関: Hedmora ディーゼル・エレクトリック
コックムス v4-275R スターリング AIPユニット
速力: 潜航時: 20 kn (37 km/h; 23 mph)
総員: 士官18人
徴集兵6人
兵装: 533 mm (21.0 in) 魚雷発射管 6基
400 mm (15.7 in) 魚雷発射管 3基
機雷
センサー
FCS
FAS

スウェーデンのセーデルマンランド Södermanland級 ディーゼル・エレクトリック潜水艦はHMS セーデルマンランドHMS エステルイェトランドから構成される。これらの2隻の潜水艦は元々ヴェステルイェトランド級潜水艦としてそれぞれ1987年と1990年に建造され、2003年と2004年にコックムス社で近代化改修され新しい艦級として再進水した。

耐圧殻は艦橋の後部で切り離され12m長の新しい非大気依存推進(AIP)システムの区画が挿入された。AIPシステムはスターリングエンジン発電機で構成され軽油を低温タンクに貯蔵された液体酸素と共に燃焼して加熱される。

AIPシステムは潜航期間を数日から数週間増やす目的で電力を供給する。

この級は2018年から2019年にA26型潜水艦に更新される予定である。[1]

同型艦[編集]

艦名 進水 完成 就役 所属 状態
HMS セーデルマンランド 1988年4月12日 1989年4月21日 第一潜水艦隊 2003年に改修, 現役
HMS エステルイェトランド 1988年12月9日 1989年 第一潜水艦隊 2004年に改修, 現役

脚注[編集]

  1. ^ http://www.nyteknik.se/nyheter/fordon_motor/flygplan/article759032.ece

外部リンク[編集]