セース・ノーテボーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セース・ノーテボーム
Cees Nooteboom
Cees Nooteboom (cropped).jpg
誕生 Cornelis Johannes Jacobus Maria Nooteboom 
コルネリス・ヨハネス・ヤコブス・マリア・ノーテボーム
1933年7月31日(81歳)
オランダの旗 オランダ デン・ハーグ
職業 小説家詩人
国籍 オランダの旗 オランダ
文学活動  
主な受賞歴 オーストリア国家賞(2003)
処女作 『フィリップとよその人々』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

セース・ノーテボームCees Nooteboom, 1933年7月31日 - )は、オランダの小説家、詩人、旅行作家、エッセイスト。

略歴[編集]

1933年、オランダデン・ハーグに生まれる。1955年に『フィリップとよその人々』で作家デビューし、その地位を固める。

小説、エッセイ、詩、旅行記の著作のほかに、スペイン、カタロニア、フランス、ドイツ詩や、テネシー・ウィリアムズや ショーン・オケーシーの戯曲も翻訳している。

受賞歴[編集]

作品[編集]

  • Phillip en de anderen (Philip and the Others 1954)
  • De ridder is gestorven (The Knight Has Died 1963)
  • Rituelen (Rituals 1980)
  • Een lied van schijn en wezen (A Song of Truth and Semblance 1981)
  • 『木犀! -ある恋の話』Mokusei! Eine Liebesgeschichte (Mokusei! 1982)
  • In Nederland (In the Dutch Mountains 1984)
  • 『これから話す物語』Het volgende verhaal (The Following Story 1991)
  • De omweg naar Santiago (Roads to Santiago 1992)
  • Allerzielen (All Souls Day 1998)
  • Nootebooms Hotel (Nomad's Hotel 2002)
  • Paradijs Verloren (Lost Paradise 2004)

日本語訳された作品[編集]