セヴァーントンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セヴァーントンネル
Severn Tunnel
Severntunnel1.jpg
ウェールズ側からトンネルに進入する高速列車
概要
路線 サウス・ウェールズ本線英語版
現況 供用中
運用
建設開始 1873年3月
開通 1886年1月9日
所有 ネットワーク・レール
技術情報
完成 1885年
全長 7,008 m
軌道数 2(複線
軌間 1,435 mm標準軌
電化の有無 非電化(2017年電化完成予定)
セヴァーントンネルとその周辺を示す1946年の地図

セヴァーントンネル英語: Severn Tunnel)は、セヴァーン川三角江の下をくぐってイングランド西部のグロスターシャーと南ウェールズモンマスシャーの間を結ぶ、イギリス鉄道トンネルである。

トンネルは、グレート・ウェスタン鉄道によって1873年から1886年にかけて建設された。全長は4マイル624ヤード (7,008 m) あるが、このうち2.25マイル (3.62 km) が川の下の部分である。2007年にCTRLの一環として、ロンドン・イーストトンネルおよびロンドン・ウェストトンネルが開通するまで、100年以上にわたってイギリスにおける本線鉄道としては最長のトンネルであった。水底トンネルとしても、1942年に開通した日本初の水底(海底)トンネルである関門鉄道トンネルと比べ全長で約2倍、水底部の長さは約3倍と大規模なトンネルであった。

概要[編集]

このトンネルは、ロンドンおよび南部イングランド全般と南ウェールズを結ぶ幹線鉄道の重要な部分となっており、数多くの旅客列車および貨物列車を通している。

信号設備の配置によりほぼトンネル全長が1つの閉塞区間となっており、続行列車との運転時隔を制約している。また90分の1から100分の1に達する急勾配のため、重量貨物列車の運行が難しくなっている。

線路の間には連続した排水溝が設けられており、地下水をトンネル内の最低部、サドブルック英語版のポンプ室の下に送り込んで、そこから地上へ排出している。タンク車脱線して発火した石油が排水溝に流れ込むといった事故に備えて、危険物を搭載した列車と旅客列車が同時にトンネル内に進入しないような特別な手配がなされている。トンネル内で重大事故が発生した際には、旅客と乗務員が脱出できるようにする特別な避難手順が用意されている。

サドブルックポンプ室には関係者専用のトンネルへのアクセス通路があり、水がポンプアップされ換気の空気がトンネルに送り込まれる立坑に鉄製の梯子が備えられている。当初グレート・ウェスタン鉄道が設置した換気設備では、サドブルックで空気を排出する仕組みになっていたが、当時運行されていた蒸気機関車からの排気ガスにより換気のファンが早く腐食してしまったため、1960年代にポンプ設備が交換されて空気の流れを逆向きにし、新鮮な空気をポンプ室でトンネル内に送り込んでトンネル口から吐き出すようにされた。

トンネルが使用不可能な時には、列車はグロスターを迂回することになる。

トンネル内での保守作業は特別困難で、またトンネル構造の物理的な状態もあって、通常よりも特に注意して保守作業を行う必要がある。また現地へのアクセスと人員の安全性を確保する難しさから、保守作業は一時的に線路閉鎖を行ってしか実施できない。

1日200本ほどの列車がトンネルを通行している[1]

建設[編集]

トンネルのポンプ室の1つ、セヴァーンの浜にあるもの

トンネル建設以前は、ブリストルと南ウェールズの間の鉄道旅行はニューパッセージ英語版ポーツクウェット英語版の間でフェリーを利用するか、グロスターまで遠回りをしなければならなかった。トンネルを建設すれば所要時間を大幅に短縮することができた。1873年3月に工事が始まり、1870年代を通じて徐々に進められていった。

建設に携わった技術者であるトーマス・ウォーカー英語版が本に書いたこととして、グレート・ウェスタン鉄道はこの工事のもっとも重要な部分は深い海峡の下を掘ることであると考えていた。しかし、実際に困難であったのは1879年10月に、モンマスシャー側から掘ったトンネルの先端がグロスターシャー側から掘ったトンネルの先端までわずか130ヤード (119 m) に達した時点であり、工事現場に水が流れ込んできた。流れ込んできた水は、トンネル上部のセヴァーン川河口の汽水域から流れ込んできた塩水ではなくウェールズ側から流れ込んできた淡水であった。この水源は「偉大な泉」(The Great Spring) として知られるようになった。

トーマス・ウォーカーは、グレート・ウェスタン鉄道の技師長ジョン・ホークショー英語版により1879年の出水事故の後トンネルを復旧し完成させることを任された契約者であった。「偉大な泉」を抑え込むためには、ポンプ設備を大幅に増強する必要があり、またダイバーを立坑に送りトンネル内に潜らせて作業現場にある防水扉を閉じ、水を閉じ込める必要があった。この面倒な作業は最終的に1880年11月に、ヘンリー・フルース英語版の新しく発明した自給式呼吸器英語版を使ってアレクサンダー・ランバート (Alexander Lambert) によって成し遂げられた。しかし、「偉大な泉」付近での作業が開始できたのは、1881年1月に一時的に水を止めることに成功してからであった[2][3]

建設作業は1883年に再度「偉大な泉」からの出水によって妨げられ、今度もランバートが何とかこれを食い止めた。作業を妨げるさらなる事故として、大きな津波や、イングランド側のサーモン・プール (Salmon Pool) と呼ばれる部分の底が貫通してしまったことがある[4]。この中断期間に、シャープネス英語版リドニー英語版の間のセヴァーン鉄道橋英語版が開通した。

トンネルは1885年中に完成し、1886年1月9日に貨物列車が通過したが、定期運行はポンプシステムが完成するまで待つことになった。貨物列車に対して正式に開通したのは9月で、旅客列車に対しては着工からほぼ14年経った1886年12月となった。設置されたコーンウォールエンジン英語版が「偉大な泉」やその他の水を1960年代まで排出していたが、その頃電動ポンプに交換された。

1930年代には、「偉大な泉」から淡水を調達できる可能性から、近くにカイルウエント海軍装薬工場英語版が進出することになった。この水はまた、今は閉鎖されたがサドブルックの製紙工場にも供給されていた。

自動車輸送[編集]

1924年にグレート・ウェスタン鉄道は、ピルニング駅英語版セヴァーントンネル・ジャンクション駅英語版の間で自動車の輸送を開始した。これは潮汐の影響で時刻が一定しないオーストフェリー英語版やグロスターを周る長距離の道路の代替となるものであった。この輸送は第二次世界大戦後も継続していたが、1966年にセヴァーン橋英語版が開通して不要となった[5]

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中、グレート・ウェスタン鉄道のウェールズへの路線を走行している旅客列車がドイツの航空機に襲撃されたことがあった。当時の戦時速度規制をかなり上回る90マイル毎時(140 km/h)で走り、列車はトンネル内に逃げ込むことに成功して、機関士が危険が去ったと判断できるまでトンネル内で停車していた。この列車は何発かの弾丸を受けていたが、重い負傷をした人はいなかった[6]

イングランド側のトンネルへのアプローチ
イングランド側のトンネル入口

現代[編集]

セカンド・セヴァーン・クロッシング(道路橋)はイングランド側においてトンネルの上を通っており、トンネルに負荷をかけないように支持されている。橋の建設の機会に、この部分のトンネル上部のコンクリート蓋の更新が行われている。

グレート・ウェスタン本線の21世紀近代化計画の一環として、トンネルは電化されることになっている。トンネル内の建築限界の制限により特別な困難がある。スイスシンプロントンネルゴッタルド鉄道トンネルの建設によって得られた経験がこの問題を解決する助けとなる可能性がある。こうしたトンネルでは通常の架線ではなく剛体架線(金属レールによる架線)が使用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Broken down freight train removed from Severn Tunnel”. BBC News (BBC). (2012年8月6日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-south-east-wales-19150949 2012年8月6日閲覧。 
  2. ^ Davis, RH (1955). Deep Diving and Submarine Operations (6th ed.). Tolworth, Surbiton, Surrey: Siebe Gorman & Company Ltd. p. 693. 
  3. ^ Quick, D. (1970). “A History Of Closed Circuit Oxygen Underwater Breathing Apparatus”. Royal Australian Navy, School of Underwater Medicine. RANSUM-1-70. http://archive.rubicon-foundation.org/4960 2009年3月3日閲覧。. 
  4. ^ “Severn Tunnel”. Track Topics, A GWR Book of Railway Engineering. グレート・ウェスタン鉄道. (1935 (repr. 1971)). ISBN 0-85059-080-9. 
  5. ^ OS Nock (1967). History of the Great Western Railway: 1923-48 v. 3. London: Ian Allan Ltd. p. 42. ISBN 0-7110-0304-1. 
  6. ^ The Train (1964) - Trivia”. imdb.com. 2007年7月8日閲覧。 “The sequence in which Burt Lancaster evades an air attack on his locomotive by driving at full speed into a tunnel was based on an attack on the Great Western Railway during the war.”

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度34分30秒 西経2度41分20秒 / 北緯51.575度 西経2.6889度 / 51.575; -2.6889 (セヴァーントンネル)