セヴァストポリの戦い (クリミア戦争)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セヴァストポリの戦い
Naval-brigade-battery.jpg
戦争クリミア戦争
年月日1854年10月17日 - 1855年9月11日
場所セヴァストポリクリミア半島
結果:英仏土連合軍の勝利
交戦勢力
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス帝国
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
指揮官
フランスの旗 フランソワ・カンロベールフランス語版英語版
イギリスの旗 ラグラン男爵英語版
Flag of the Ottoman Empire.svg オメル・パシャトルコ語版英語版
ヴラジーミル・コルニーロフ 
パーヴェル・ナヒーモフ 
戦力
175,000 85,000
損害
死者128,000 死傷者102,000

セヴァストポリの戦い(セヴァストポリのたたかい)またはセヴァストポリ攻囲戦(セヴァストポリこういせん、: Siege of Sevastopol: Оборона Севастополя)はクリミア戦争中の戦いの一つ。ロシア黒海艦隊が立てこもるセヴァストポリイギリスフランストルコ連合軍が攻撃した。

セヴァストポリは黒海艦隊の根拠地であったため高度に要塞化されていたことやロシア側の補給を絶つことができなかったこと、更にロシア側が黒海艦隊の艦艇の艦砲を要塞防衛に転用し水兵も要塞防衛に利用した為に、戦いはほぼ1年にわたって続いた。戦病者も含め両軍で20万人以上の死者を出した後、連合軍の突撃によって要塞は陥落。ロシア軍はセヴァストポリから撤退して黒海艦隊は無力化し、連合軍が黒海制海権を得た。

レフ・トルストイは士官候補生としてこの戦いに参加しており、この時の経験を元に『セヴァストポリ物語英語版』を書いた。