セントーサ・デベロップメント・コーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sentosa Development Corporation
Sentosa Office 2, Sentosa, Aug 06.JPG
本部
組織の概要
設立年月日 1972年9月1日
管轄 シンガポール政府
本部所在地 33 Allanbrooke Road, Sentosa, Singapore 099981
行政官 Dr Loo Choon Yoong(会長)
Mike Barclay(CEO)
上位組織 通商産業省 (シンガポール)
ウェブサイト

セントーサ・デベロップメント・コーポレーション(Sentosa Development Corporation、SDC)は通商産業省の下に設置された法定機関。セントーサ・デベロップメント・コーポレーションは1972年9月1日にセントーサ島の開発、運営、広報を目的に設置された。セントーサ開発公社と呼ばれることもある。

[編集]

セントーサ島以外にもシンガポール南部の以下の島々の管理を行なっている。

  1. セントーサ島
  2. セントジョンズ島英語版
  3. シスターズ島英語版
  4. ハントゥ島英語版
  5. ビオラ島英語版
  6. ジョン島英語版
  7. ラザラス島(Lazarus Island)
  8. クス島英語版
  9. スリンガ島(Pulau Seringat)
  10. トゥクコール島(Pulau Tekukor)

下部組織[編集]

SDCにはいくつかの下部組織がある。 セントーサ・レジャー・マネージメントはセントーサ島の運営、セントーサ・コーヴはセントーサ・コーヴの開発、管理を行なっている。

モノレール[編集]

2007年に開業したシンガポール本島とセントーサ島を結ぶセントーサ・エキスプレスを運行している。

本部は以前島内を走行していたセントーサ・モノレールのSDCオフィス・モノレール駅にあったが、2005年に駅が閉鎖後移転。建物はバーに改築された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]