セント・キャサリン・ミリング対女王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セント・キャサリン・ミリング対女王(1888 14 App. Cas. 46 (J.C.P.C.))は、カルダー判決から80年以上も前に遡る、カナダにおける ファーストネイションの先住民権をめぐって、先例となった判決である。枢密院司法委員会 は、土地をめぐる先住民権はheld that aboriginal title over land was allowed only at the crown's pleasure, いついかなるときでも消去しえないとの見解を示した。

ワトソン卿は、先住民権の権原が、インディアンたちに「君主の好意により、人格権と用益権を」付与した1763年国王詔書に由来することを確認した。

関係項目[編集]

外部リンク[編集]